お知らせ



営業時間について

<営業時間変更のお知らせ>
現在の営業時間は
 月曜日・火曜日 11:00~20:00
 水曜日 定休日
 木~日曜日 10:00~16:00
となります。
ご不便掛けますがよろしくお願いいたします。
営業時間外はメールにてお問合せ頂けると確実です。
→メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。


<PayPayでのお支払い可能となりました。>
修理代金をPayPayでお支払い頂けるようになりました。


水曜日を休業日とさせていただきますが、
前日までにご予約いただければ対応いたします。

平日午後は仕入の都合上、不在の場合もございますので
事前に電話・メールにてお問合せお願いいたします。

なお休業日でも、ご予約・お問合せは転送電話およびメールにて受け付けておりますので
ご利用ください。

休業日でも事前にご予約いただければ対応は可能ですので、お気軽にご相談ください。
よろしくお願いいたします。

上書き・削除されたドライブレコーダーのSDカードデータ復旧・復元

データ復旧・復元修理実績(上書き・削除されたドライブレコーダーのSDカードデータ復旧・復元)

ドライブレコーダーのSDカードデータ復旧・復元に関する依頼が多いです。
 
SDカード自体の不具合による読み込み異常でしたら復旧・復元可能性高いですが、消えてしまった(上書き・削除された)過去の録画を復旧・復元してほしいというご依頼も多くございます。
この場合は残念ながらほとんどが復旧・復元できません。
 
ドライブレコーダーを取り付けると、結構安心感が出ますが、録画データの保存期間など注意していないと何かあったときに動画が上書き・削除されて残っておらず、意味のないものになってしまいますのでご注意ください。

<目次>
 ・ドライブレコーダーでよくあるデータトラブル
 ・ドライブレコーダーのデータトラブルで困らないために知っておきたいこと
 ・事故にあった場合にやっておきたいこと(ドライブレコーダーのデータトラブル(上書き・削除)で困らないために)
 ・お問い合わせ先(ドライブレコーダーのSDカードデータ復旧・復元)

 

ドライブレコーダーでよくあるデータトラブル(上書き・削除)

大抵のドライブレコーダーは自動的に過去の録画を削除する機能が備わっています。
事故にあったあと、録画しっぱなしで自走して帰宅すると、上書き・削除されて事故時間の録画が消えてしまっていたということはよくあります。
 
車の中は結構厳しい環境で、夏場は高温多湿、冬場は低温・乾燥。車が動き出せば冷暖房で急激に温度が変わるなど、SDカードの保存には基本向いていない環境です。
加えて、走っている間はずっと録画しており、SDカードへの読み書き回数はかなりの量になりますので、SDカードの寿命はかなり短くなります。
 
ドライブレコーダーを購入しから、いちども動画チェックしていないと、いつの間にかSDカードが壊れていて全く録画できていなかったということもあります。
 

ドライブレコーダーのデータトラブル(上書き・削除)で困らないために知っておきたいこと

・ドライブレコーダーのSDカード容量とその容量で録画できる時間はきちんと押さえておきましょう。
事故が起きた場合に、何時間後までデータが残っているかわからないといつの間にか事故動画が消えてしまう事になります。
 
だいだいの録画時間の目安ですが、1GB1時間程度と思っていただければよいのではないでしょうか。
8GBなら8時間運転したら、その前の録画は消えてしまう可能性が高いと思いましょう。
※画質や機種によって録画時間は異なりますので正確な録画可能時間はお持ちの機種でお調べください。
 
・SDカードの使用開始日と寿命(交換時期)を知っておきましょう。
前述したように、ドライブレコーダーで使用されるSDカードは、デジカメやスマホで使用するSDカードより短寿命となる可能性が高いです。
ドライブレコーダーの説明書に交換目安が記載されていると思いますので、その時期になったら新しいSDカードへの交換を検討しましょう。

 

事故にあった場合にやっておきたいこと(ドライブレコーダーのデータトラブル(上書き・削除)で困らないために)

事故にあったあと、何もせずに自走して帰宅してしまうと事故当時の録画データが上書き・削除されて消えてしまう可能性があります。
事故にあったら、とりあえずドライブレコーダーからSDカードを取り外しましょう。
余裕のある方は車内に予備SDカードを常備しておいて、事故後に切り替えるといいでしょう。
 
最近のドライブレコーダーでは、衝撃があったなどの一定条件でその録画を削除しないような機能もあるようです。
いつ何時事故が起こるかわからないためのドライブレコーダーですが事故・事件が起こった場合、即座にデータを別媒体に保管する必要があることをしっかり認識しておく必要があるかと思います。


お問い合わせ先(ドライブレコーダーのSDカードデータ復旧・復元)

ドライブレコーダーではSDカード容量使い切った場合、一番古いデータから消されていきます。
上書き・削除され、消されたデータはほとんどの場合、即時に新しい録画で上書きされるため情報が完全に残りません。
 
データ復旧・復元は削除後でも残っている情報をかき集めて正常データに復旧・復元する技術です。
ですので、新しい情報で上書きされるとほとんどの場合復旧・復元できません。
 
最悪、何とかなるかどうかは、復旧・復元してみないとわからない部分もあります。
トラブルでお困りの場合は一度ご相談ください。
 
電話でのお問い合わせは(06-6170-9383)まで。
※営業時間をご確認の上お問い合わせお願いします。つながらない場合は時間を空けて再度ご連絡いただけると幸いです。
 
営業時間は
 月曜日・火曜日 11:00~20:00
 水曜日 定休日
 木~日曜日 10:00~16:00
となります。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。
 
営業時間外はメールにてお問合せ頂けると確実です。
→メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

Nintendo Switchのスティックでカーソルが動かない不具合の修理(2021年3月12日の修理:大阪府吹田市のお客様)

IMG_0039

大阪・京都・吹田のお客様よりNintendo Switchのジョイコンスティックでカーソルが動かない不具合の修理御依頼頂きました。

 
→ジョイコンのアナログスティック交換等 NintendoSwitch修理価格など詳細はこちらへ
 
Nintendo Switchの修理に関する、ほとんどのお問合せが、ジョイコンスティック修理に関するお問い合わせです。
ジョイコンが効かなくなったり、動きっぱなしになったりすることが多いようです。
 
Nintendo Switch のジョイコンは本当に壊れやすいようです。
新しいものを買うのも結構高いですし、修理できるのであれば今まで使っていた物を修理した方がお安く済みます。
 
少し詳しい方は、ご自分で修理するのも可能かと思います。
基本的にジョイコンスティックを交換すれば正常に戻るはずです。
ジョイコンスティック部品はAmazonなどでも販売しているので、結構手に入れやすいと思います。
 
ご自分で修理する方は、なるべく丁寧に作業してください。
無理に力を入れてしまうと、別のケーブルが切れてしまったり、プラスチック部品が割れたりかけたりしてしまう可能性あります。
一度修理できれば、次に壊れてもご自分で修理できるのでおすすめかもしれません。
 

修理内容(Nintendo Switch修理)

当店では、現在、Nintendo Switch修理 は ジョイコン修理のみの受付となります。
【Joy-Con】 Lスティック又はRスティックの修理は 3,500円 で行っております。
修理作業時間は30分程度です。
本体修理は現在準備中ですので、もうしばらくお待ちいただければと思います。
 
Nintendo Switch修理は 任天堂の正規修理に出すのが一番良いと思いますが、修理が殺到していて結構待たされるようです。
当店であれば、即日修理可能ですので、お急ぎの方はぜひご利用下さい。
 
ボタン関係(LRボタンなど)も修理可能ですのでジョイコンに関する事でお困りでしたら
お気軽にお問合せ下さい。


お問い合わせ先・営業時間・定休日のお知らせ(Nintendo Switch修理)

電話でのお問い合わせは(06-6170-9383)まで。
※営業時間をご確認の上お問い合わせお願いします。つながらない場合は時間を空けて再度ご連絡いただけると幸いです。
 
営業時間は
 月曜日・火曜日 11:00~20:00
 水曜日 定休日
 木~日曜日 10:00~16:00
となります。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。
 
営業時間外はメールにてお問合せ頂けると確実です。
→メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。





携帯データ復元 アンドロイドのmicroSDカードから消した画像・写真・動画の復元・復旧

携帯データ復元 アンドロイド/android 消した写真・画像・動画データ復元・復旧(京都)

【携帯データ復元】アンドロイド/android携帯のmicroSDカードから消した画像・写真・動画のデータ復元・復旧(京都のお客様)

データ復旧・復元では、SDカード・microSDカードとUSBメモリに関するお問い合わせが多いです。
 
中でも、携帯データ復元・スマホ(アンドロイド/android携帯)のSDカード・microSDカードやUSBメモリが壊れて読み込めなくなった というものと 間違って消した画像・写真・動画のデータを復旧・復元したい というご依頼が多いです。
 
携帯データ・スマホ(アンドロイド/android携帯)のmicroSDカードでは、ファイル(写真や画像・動画等)を消してしまっても、元の写真・画像や動画データの情報は残っている場合が多いです。
 
消した後に、別のファイル(写真や画像・動画等)で容量がいっぱいになると、上書きされて消えてしまうのですが、消える前であれば特殊なツールを使って元の写真・画像や動画等をデータ復旧・復元することができます。
 
携帯データ・スマホ(アンドロイド/android携帯)のmicroSDカードから消した画像・写真・動画の復旧・復元価格やおおよその作業時間などご紹介させて頂きます。
 
携帯データ・スマホ(アンドロイド/android携帯)で間違って消したデータ(画像・写真や動画)を、復旧・復元して復活させることできる場合あります。
→壊れたSDカードやUSBメモリからのデータ復元等 作業時間・価格など詳細はこちらへ
 
ハードディスクから間違って写真・画像や動画を消してしまった場合でも同じように復旧して復活させることできる場合あります。
→【格安データ復旧】ハードディスク(HDD・SSD)の復旧詳細はこちらからご確認ください。

<<目次>>
 ・【要注意】携帯データ復元・スマホ(アンドロイド/android携帯)から消したデータ(写真・画像・動画など)があることに気が付いた場合、気を付けたいこと
 
 ・よくある 携帯データ復元・スマホ(アンドロイド/android携帯)から間違って消してしまうパターン事例
 
 ・携帯データ復元・スマホ(アンドロイド/android携帯)から消したデータ(写真・画像・動画など)の復元・復旧方法
 
 ・携帯データ復元・復旧 費用・作業時間
 
 ・携帯データ復元・スマホ(アンドロイド/android携帯)でSDカードを使う場合の注意点
 
 ・携帯データ復元・スマホ(アンドロイド/android携帯)から消した写真・画像・動画データの復元・復旧のお問い合わせ先

 

【要注意】携帯データ復元・スマホ(アンドロイド/android携帯)から消してしまったデータ(写真・画像・動画など)があることに気が付いた場合、気を付けたいこと

携帯データ・スマホ(アンドロイド/android携帯)から間違って消したデータ(写真・画像・動画など)があることに気が付いた場合は、速やかにmicroSDカードをスマホ(android携帯)から取り出すことをお勧めします。
 
何かの拍子で、データを書き込んでしまうと、その分復元できるデータ(写真・画像・動画など)が減ってしまう可能性が高まります。
microSDカードを取り出す場合は、スマホ(android携帯)の電源を切った状態で取り外すようにしましょう。
電源を付けたまま取り外すと、microSDカードが壊れてしまう場合あります。
 

よくある 携帯データ復元・スマホ(アンドロイド/android携帯)から間違って消してしまうパターン事例

よくお問合せ頂く、携帯データ・スマホ(アンドロイド/android携帯)から間違って消してしまう事例をご紹介。
 
携帯データ・スマホ(アンドロイド/android携帯)から、パソコンにコピーし終わったと思って、SDカード側のデータを消してしまったが、ちゃんとコピーできていなかったのでデータ復旧・復元したいというご相談いただきます。
 
また、要らないと思って消してしまった写真があとから必要になってどうにかしてほしいというご相談もありました。
大量の写真や画像・動画の管理は結構大変です。
データを消す場合は十分注意して消しましょう。
 
最近は、結構小さなお子さんでも、スマホ(アンドロイド/android携帯)が使える子が多いようで、ちょっとお子さんに貸していたら、写真や画像・動画のデータを消されてしまったというお問い合わせもございました。
小さなお子さんにスマホ(アンドロイド/android携帯)を使わせる場合は、目を離さない方がよいかと思います。
 
最近のスマホ(アンドロイド/android携帯)は大容量です。
写真や画像・動画が数枚程度ならあきらめることもできますが、何十枚・何百枚もごっそり消してしまった場合はなかなかあきらめきれません。
同じような失敗に会わないようにお気を付けください。
 
携帯データ・スマホ(アンドロイド/android携帯)のmicroSDカード上のファイル(写真や画像・動画)を間違って消した場合でも、データ復旧・復元できる可能性あります。
早めに気が付いて、データを上書していなければ、ほとんどの場合復元可能です。
 

携帯データ復元・スマホ(アンドロイド/android携帯)から消したデータ(写真・画像・動画など)の復元・復旧方法

携帯データ・スマホ(アンドロイド/android携帯)のmicroSDカードから消したデータ(写真・画像・動画など)データを復旧・復元する方法は大きく2通りです。
専用のソフトウェアを使用して自力で復旧・復元する方法と業者に依頼して復元してもらう方法の2通りです。
 
2つの方法それぞれの注意点などは次のページに記載しておりますので参考にしてみて下さい。
→間違って消してしまったUSBメモリデータの復元・復旧
 

データ復元・復旧 費用・作業時間(携帯データ復元・スマホ(アンドロイド/android携帯)のmicroSDカードから消した写真・画像・動画の復旧・復元(京都のお客様))

当店でも携帯データ・スマホ(アンドロイド/android携帯)のmicroSDカードから間違って消した写真・画像・動画のデータ復旧・復元 対応いたします。
 
間違って消した写真・画像・動画データを復旧・復元する場合、当店では「軽度」障害の位置づけとなりますので復元できる可能性はかなり高めになります。
 
データ復旧・復元費用と目安の復旧時間はSDカード・microSDカード・USBメモリなどメディアの容量によりますが
8GB 7900円 60分程度
16GB 8900円  90分程度
64GB 9900円  120分程度
128GB 9900円  240分程度
となります。
価格 1万円以内で対応しておりますので、ぜひご利用下さい。
当店では、早ければ、当日・即日でデータ復旧・復元可能です。
 

携帯データ復元・スマホ(アンドロイド/android携帯)でmicroSDカードを使う場合の注意点

microSDカードは、使用するたび(写真や画像・動画を撮ったり見たりするたび)に少しずつ劣化していきます。
数回使った程度で、極端に劣化するようなことはありませんが、使い続けているといつか必ず壊れてしまいます。
 
同じmicroSDカードをスマホ(アンドロイド/android携帯)で長期間使い続けることはやめましょう。
2年以上同じmicroSDカードを使い続けている方は要注意です。
 
突然、一部の写真・画像・動画が見られなくなったり、アプリが正常に動かなくなったりするようになり、最後には「全く認識しない」「フォーマットしてください」エラーがでるといった状態になってしまう事があります。
2年ぐらいをめどで、microSDカードは交換する事をお勧めいたします。
 
スマホ(アンドロイド/android携帯)で「全く認識しない」「フォーマットしてください」エラーが出る場合は「中程度」「重度」の障害に位置付けられます。
この場合でも復旧・復元出来た事例多数ございますので、お困りの方はお気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせ先(携帯データ復元・スマホ(アンドロイド/android携帯)から消した写真・画像・動画データの復元・復旧)

電話でのお問い合わせは(06-6170-9383)まで。
※営業時間をご確認の上お問い合わせお願いします。つながらない場合は時間を空けて再度ご連絡いただけると幸いです。
 
営業時間は
 月曜日・火曜日 11:00~20:00
 水曜日 定休日
 木~日曜日 10:00~16:00
となります。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。
 
営業時間外はメールにてお問合せ頂けると確実です。
→メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。
 



当店では、
iPhone修理(画面ワレ交換やバッテリー交換)、
→バッテリー交換、液晶交換など iPhone修理に関する詳細はこちらへ

壊れたメディア(SDカード、CFカード、メモリスティック、USBメモリ、ハードディスク(HDD))の格安即日データ復旧・復元、
→壊れたSDカードやUSBメモリからのデータ復旧・復元など データ復旧・復元に関する詳細はこちらへ

iPodClassicの修理(イヤホン修理、バッテリー交換、HDD交換等)、
→バッテリー交換、イヤホンジャック修理、HDD大容量化(SD化・SSD化)など iPod Classic修理に関する詳細はこちらへ

ゲーム機(3DS・PSVita等)の修理、も行っております。
→3DS、任天堂スイッチ、PSVita、WiiUなど 携帯ゲーム機修理に関する詳細はこちらへ

大阪・京都・和歌山・堺・神戸・西宮・東京・千葉・長野・石川など近畿一円遠方から修理のお問合せも多いです。
お困りの方はぜひお問合せ下さい。


古書・古本の出張買取なら大阪・吹田のサポートモバイル/森川古書店へ
出張費は無料・本・コミック・CD・DVDなど高価買取ります。
→古本・古書・ゲームソフト・CD/DVDなど 古本の高価買取に関する詳細はこちらへ





iPod Classic バッテリー交換修理(和歌山のお客様)

IMG_0044

和歌山のお客様よりiPod Classic 修理で充電しながらでないと起動しない不具合(バッテリー交換修理) 郵送にてご依頼いただきました。

iPod Classic バッテリー交換など郵送でも修理対応いたします。
 
iPod Classic の郵送修理は送料無料・着払いで対応させて頂いております。和歌山からのご依頼も多数いただいております。
メールもしくは電話でご予約いただいたのちに、着払いでお送りいただければ対応させて頂きます。
 
修理可能であれば、返送時送料も無料です。
部品在庫があれば、到着後翌日には修理完了・返送が可能です。
 
和歌山の場合、発送後翌日には修理品受領可能ですので、最短3日で修理品がお手元に届きます。
 
一旦送料ご負担いただくことになりますが、レターパックライト(370円)でiPod Classicお送りいただければ修理代金から500円割引(130円お得です。)させて頂くことも可能です。
修理お考えの方はぜひお問合せ下さい。
→【iPod Classic 修理詳細】イヤホンジャック修理、HDD大容量化(SDカード化)等 他の不具合にも対応いたします。
 

iPod Classic 修理修理実績(バッテリー交換 郵送修理 和歌山のお客様)

 ありがたいことですが、iPod Classic 修理 について、数多くお問い合わせいただいております。
まだまだiPod Classic 大事に使われている方が多いことを実感いたします。
修理部品はまだまだ手に入りますので、修理お考えの方はぜひお問い合わせ下さい。
 
 iPod Classic 修理で一番多いのはバッテリー交換修理です。
バッテリーは在庫ございましたら、1時間程度で修理可能です。
 
たまに、個人でも修理可能かというご質問頂きます。
できないことはないと思いますが、iPod Classic 修理の場合
まず、開封がすんなりいくがどうかというところが最初で最大のポイントになります。
 
 開ける時の硬さはほんとに一台一台微妙に異なりますので、
すんなり開けられるiPod Classicであれば、修理は簡単ですが
なかなか開かないiPod Classicであれば、未経験者ですと傷だらけにしてしまう可能性あります。
 
当店でも、修理時に細かい傷をつけてしまう事は時々あります。
なかなか開かないiPod Classicはほんとに開かないので
そういった場合、個人での修理はあきらめた方がよいでしょう。
 
あと、バッテリーを外す際に、イヤホンジャックのケーブルを切断してしまう恐れがあります。
iPod Classicのバッテリーは両面テープでかなりしっかりと接着されているのと、
バッテリーの下をイヤホンジャックのケーブルが走っているので、無理にバッテリーを引きはがすと
一緒にイヤホンジャックのケーブルも引っ張られて、切れてしまう可能性が高いです。
 
イヤホンジャックのケーブルが切れると、キーロックを掛けられなくなります。
持ち運んで使用する方にはキーロックされないと不便ですよね。
いろいろな不具合出る可能性を考えると個人修理は大変かと思います。
 
 当店、バッテリー交換は 
 4900円
で行っています。
 
一旦、ご自分でやろうと思ったけど
断念したという場合でも、部品持ち込んで頂ければ
 工賃 3000円
で修理いたします。
お困りの方は一度お問い合わせお願いします。


iPod Classic 修理 宅配修理の配送料無料にさせていただいてから、数多くのお客さまより
修理ご依頼いただいております。和歌山からもよくご依頼頂いて修理させて頂いております。
ご自宅に眠っているiPod Classic ございましたら
まだまだ現役で使えますので、一度修理に出してみてはいかがでしょうか。
 
壊れているiPod Classic、動かないiPod Classic でも買取いたしますので
ご不要の場合は、一度お問い合わせ下さい。
 

(iPod Classic 修理 バッテリー交換 郵送修理 和歌山のお客様)営業時間・定休日のお知らせ

営業時間は
 月曜日・火曜日 11:00~20:00
 水曜日 定休日
 木~日曜日 10:00~16:00
となります。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。

営業時間外はメールにてお問合せ頂けると確実です。
→メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。


電話でのお問い合わせは(06-6170-9383)まで。
※営業時間をご確認の上お問い合わせお願いします。つながらない場合は時間を空けて再度ご連絡いただけると幸いです。



当店では、
iPhone修理(画面ワレ交換やバッテリー交換)、
→バッテリー交換、液晶交換など iPhone修理に関する詳細はこちらへ

壊れたメディア(SDカード、CFカード、メモリスティック、USBメモリ、ハードディスク)の格安データ復旧・復元、
→壊れたSDカードやUSBメモリからのデータ復旧・復元など データ復旧・復元に関する詳細はこちらへ

iPodClassicの修理(イヤホン修理、バッテリー交換、HDD交換等)、
→バッテリー交換、イヤホンジャック修理、HDD大容量化など iPod Classic修理に関する詳細はこちらへ

ゲーム機(3DS・PSVita等)の修理、も行っております。
→3DS、任天堂スイッチ、PSVita、WiiUなど ゲーム機修理に関する詳細はこちらへ

大阪・京都・和歌山・堺・神戸・西宮など近畿一円遠方から修理のお問合せも多いです。
お困りの方はぜひお問合せ下さい。


古書・古本の買取なら大阪・吹田のサポートモバイル/森川古書店へ
本・コミック・CD・DVDなど高価買取ります。
→古本・古書・ゲームソフト・CD/DVDなど 古本の高価買取に関する詳細はこちらへ





SDカードで「フォーマットしてください」エラー発生した場合の対処方法 データ復元-復旧事例

SDカードで「フォーマットしてください」エラー発生時のデータ復元

大阪のお客様よりデジカメ(カメラ)で使用していたSDカード(容量:64GB)で「フォーマットしてください」エラー表示される場合のデータ復元・復旧のご依頼

パソコンやデジタルカメラ・ビデオカメラにSDカード(microSDカード)を接続したときに「フォーマットしてください」エラー表示されて、写真や動画が見られなくなる場合があります。
 
そういった場合でも、「フォーマットしてください」エラー表示されるSDカードから、写真・動画データを復元して、もう一度、見れる状態の写真・動画を取り戻すことができます。
→【データ復元価格・時間詳細】壊れたSDカードやUSBメモリからのデータ復元 価格・作業時間などの詳細はこちらへ
 

<<目次>>
・SDカードで「フォーマットしてください」が発生する際のよくある状況
・SDカードで「フォーマットしてください」が発生する原因と対処方法
・SDカードで「フォーマットしてください」が発生する場合のデータ復旧・復元方法
・SDカードで「フォーマットしてください」が発生する場合のデータ復旧・復元費用・価格・作業時間
・SDカードで「フォーマットしてください」が発生する場合のデータ復元・復旧事例

 

SDカードで「フォーマットしてください」が発生する際のよくある状況

デジカメ(カメラ)やデジタルビデオカメラで、記録媒体としてはSDカードが主流かと思います。
とはいえ最近ではスマートフォンで写真も動画も取れてしまうので単体デジカメ(カメラ)やデジタルビデオカメラを使うことは少なくなっているのかもしれませんね。
 
デジカメ(カメラ)などにSDカード入れっぱなしにしていて久しぶりに写真見てみようとすると、突然「フォーマットしてください」エラーがでてデータが見られなくなってしまった・・・
ということはよくあるようです。
 
電源を入れっぱなしにした状態で、SDカードを取り外して、そのあと再度SDカードをカメラに差し込むと「フォーマットしてください」エラー表示されるようになってしまったというお問い合わせもございます。
SDカードの取り外しは電源を切った状態で行うことをお勧めいたします。SDカードは意外とデリケートなので正常に切断しないと「フォーマットしてください」エラー表示するようになる場合が多いです。
 
SDカードをパソコンから取り外すときも、パソコンに認識されている状態からいきなり取り外すのはやめてください。
きちんと取り外し処理をしてから取り外さないと、SDカードが壊れて「フォーマットしてください」エラーが発生する可能性が高まります。
 

SDカードで「フォーマットしてください」が発生する原因と対処方法

SDカードはフラッシュメモリの性質上、読み書きするたびに少しずつ劣化していきます。
 
<<注)SDカードは結構な確率で壊れてしまう物・あくまでも一時的なデータ保管場所と考えていただいた方がよいかと思います。>>
長期間使用すればするほど壊れやすくなります。
大事な写真や動画は撮影後なるべく早くパソコンなどに転送しておくことをおすすめします。
 
劣化が進んで、データの読み書きに支障が出るようになると、その領域は不良領域となります。
不良領域に写真や動画が記録されていればその写真や動画だけが見れなくなります。
不良領域に管理情報(フォーマットの形式やフォルダ構成など)が記録されていると、パソコンやデジカメなどの機器側で正常に読み込めなくなり、「フォーマットしてください」とメッセージが出るようになります。
 

SDカードで「フォーマットしてください」が発生する場合のデータ復旧・復元方法

上述しましたように、壊れた領域(不良領域)が管理情報しか登録されていなければ、SDカードで「フォーマットしてください」エラーがでていても、SDカード内にはまだデータ残っている可能性が高いです。
その残っているデータを特別なツールで抽出して復元・復旧することができます。
 
「フォーマットしてください」エラーが発生しているSDカードからデータ復旧・復元を行うには
・専用のソフトウェア(アプリ)を購入して復旧する。(フリーソフトでも最後まで復旧できる物はあるかもしれません)
・専門のデータ復旧・復元業者に依頼する。
の2通りです。
 
それぞれ一長一短ありますが、確実にデータを復旧・復元したいのであれば、専門の業者に依頼した方がよいでしょう。

 

SDカードで「フォーマットしてください」が発生する場合のデータ復旧・復元費用・価格・作業時間

どうしても壊れてしまったSDカードからデータ取り出したい場合あるかと思います。
そういった場合の当店でもデータ復元・復旧行っております。
データ容量にもよりますが、即日で復元・復旧対応しております。
 
費用はSDカードの容量で決まります。
<復元・復旧費用>
8GBまで 7,900円 
~16GB 8,900円 
16GB以上 9,900円
これ以外の手間賃や作業費用などの追加費用は掛かりません。
 
※復元・復旧できたデータをお渡しする媒体(SDカードもしくはUSBメモリ)を当店でご用意する場合のみ追加メディア代がかかりますがお客様にてご準備いただければその追加費用も掛かりません。
お気軽にお問い合わせください。
 

データ復元・復旧修理事例(SDカード(容量:64GB)で「フォーマットしてください」エラー表示される場合のデータ復元)

<状況>
SDカード(容量:64GB)をデジカメ(カメラ)に差し込んでも「フォーマットしてください」エラー表示され写真・画像・動画が見られず、撮影もできなくなった。
 
<診断結果>
診断時間:5分
専用ツールにて診断。「フォーマットしてください」エラー表示されるが、専用ツールであれば読み込み可能であり、データ復元・復旧できる可能性があると判断。
 
<データ復元結果>
データ復元時間:90分程度
専用ツールにて、データ復元・復旧を実施。
写真・画像・動画ファイルを500ファイル程度復元・復旧。
一部、開けないファイルもあったが、必要とされる写真データは存在。
最終、お客さまに復旧データをご確認いただき
必要とする写真・動画データが復旧できていることを確認いただいた。
 
SDカードで「フォーマットしてください」表示された場合、最近まで使えていた状態であれば、復旧率は高いです。
お早めにお問合せ頂くことをお勧めいたします。
 
<費用>
9,900円

 

お問い合わせ先(SDカード(容量:64GB)で「フォーマットしてください」エラー表示される場合のデータ復元・復旧)

電話でのお問い合わせは(06-6170-9383)まで。
※営業時間をご確認の上お問い合わせお願いします。つながらない場合は時間を空けて再度ご連絡いただけると幸いです。
 
営業時間は
 月曜日・火曜日 11:00~20:00
 水曜日 定休日
 木~日曜日 10:00~16:00
となります。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。
 
営業時間外はメールにてお問合せ頂けると確実です。
→メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。



当店では、
iPhone修理(画面ワレ交換やバッテリー交換)、
→バッテリー交換、液晶交換など iPhone修理に関する詳細はこちらへ

壊れたメディア(SDカード、CF(コンパクトフラッシュ)カード、メモリスティック、USBメモリ、ハードディスク)の格安データ復旧・復元、
→壊れたSDカードやUSBメモリからのデータ復旧・復元など データ復旧・復元に関する詳細はこちらへ

iPodClassicの修理(イヤホン修理、バッテリー交換、HDD交換等)、
→バッテリー交換、イヤホンジャック修理、HDD大容量化など iPod Classic修理に関する詳細はこちらへ

ゲーム機(3DS・PSVita等)の修理、も行っております。
→3DS、任天堂スイッチ、PSVita、WiiUなど ゲーム機修理に関する詳細はこちらへ

大阪・京都・和歌山・堺・神戸・西宮など近畿一円遠方から修理のお問合せも多いです。
お困りの方はぜひお問合せください。


古書・古本の買取なら大阪・吹田のサポートモバイル/森川古書店へ
本・コミック・CD・DVDなど高価買取ります。出張買取も可能です。
→古本・古書・ゲームソフト・CD/DVDなど 古本の高価買取に関する詳細はこちらへ





【格安即日】iPod Classic イヤホンジャック交換修理(鳥取県のお客様)

iPod Classic イヤホンジャック交換修理

鳥取のお客様よりiPod Classic イヤホン片耳が聞こえなくなる不具合(イヤホンジャックの交換修理) 郵送にてご依頼いただきました。

イヤホンの片耳が聞こえなくなった場合、イヤホンジャック部品の交換で修理可能です。
 
イヤホンジャック部品の交換は
 4900円
で、修理時間は 1時間程度です。
 
iPod Classicの郵送修理は送料無料サービス中です。
修理ご希望の方はお問い合わせの上、着払いでお送りください。
 
→【iPod Classic 修理メニュー・価格表】バッテリー交換など他の不具合にも対応いたします。
 


<目次>
 ・iPod Classic イヤホンジャックのよくある不具合 現象
 ・iPod Classic イヤホンジャック不具合の原因 と 見分け方
 ・iPod Classic イヤホンジャック 片耳聞こえない場合、少しだけ改善させる方法
 ・iPod Classic イヤホンジャック修理 価格・修理時間
 ・iPod Classic イヤホンジャック修理 お問い合わせ先

 

iPod Classic イヤホンジャックのよくある不具合 現象

iPod Classic で バッテリー交換の次に多い修理が、イヤホンジャックの修理です。
イヤホンジャックに不具合が出ると起きる現象は以下のような物が多いです。
 ・イヤホンの片耳が聴こえなくなる。
 ・イヤホンからの音が割れたりノイズが入ったりする。
 ・キーロックが(上部のスライドボタン)が効かなくなる。
など。
 

iPod Classic イヤホンジャック不具合の原因 と 見分け方

iPod Classic のイヤホンジャックは経年劣化で不具合(内部配線の断線もしくは接触不良)が発生してイヤホンの片耳が聞こえなくなってしまいます。
 
この不具合は、丁寧に扱っていたとしても経年劣化で発生するようです。内部の配線に無理がかかる部分があり、そこが経年劣化で断線してしまうようです。
 
イヤホンジャックはイヤホン挿していないと、端子がむき出しになってますので、水などが入ると錆びて接触不良が起きる場合もあります。
イヤホンジャック部品に断線・接触不良などの不具合が発生すると、片耳聞こえない不具合が起きるほかに、音が割れたり、ノイズがはいったりもします。
場合によっては、キーロックが効かなくなったりもします。
 
iPod Classic本体に問題があるかどうかは、単純ですが、イヤホンを別のものに変えてみて確認します。
イヤホンを別のものに変えてみても不具合がある場合は、イヤホンジャック部品に断線などの不具合が発生していると思われます。
 

iPod Classic イヤホンジャック 片耳聞こえない場合、少しだけ改善させる方法

iPod Classicのイヤホンジャック故障で 片耳聞こえない場合に、少しの間ですが、両耳聞こえるようにできる場合があります。
 
<両耳聞こえるようにする方法>
音楽を流して、両耳イヤホンで聞きながら調整してください。
イヤホンをイヤホンジャックに一番奥まできっちり差し込みます。
イヤホン側のコネクタをゆっくりすこしずつ引き抜いていきます。
すこしずつ引き抜いていくとある地点で両耳聞こえる場合がありますのでそこで引き抜くのをやめます。
 
上記方法で聞こえる場合もありますが、全然ダメな場合もあります。
とりあえず両耳で聞きたい場合はお試しください。
 
ただ、この方法で一旦両耳聞こえるようになったとしても、iPod Classic イヤホンジャックが直ったわけではありません。
すぐにまた聞こえなくなりますので、早めに修理するようお願いします。
 

iPod Classic イヤホンジャック修理 価格・修理時間

イヤホンが片耳聞こえないなどの不具合が発生した場合は、イヤホンジャック部品の交換で修理できます。
基本的にデータがなくなってしまったりはしません。
ですが、古い機種ですと、開閉時の衝撃などでデータ飛んでしまう可能性もないわけではないので修理ご依頼時は、中に入っている曲データがなくなったとしても元に戻せるように事前バックアップなどの対応お願いいたします。
 
イヤホンジャック部品の交換は
 4900円
で、修理時間は 1時間程度です。
修理部品の在庫状況もございますので
事前にご予約いただけますようお願いします。


お問い合わせ先(iPod Classic イヤホンジャック交換修理)営業時間・定休日のお知らせ

電話でのお問い合わせは(06-6170-9383)まで。
※営業時間をご確認の上お問い合わせお願いします。つながらない場合は時間を空けて再度ご連絡いただけると幸いです。
 
営業時間は
 月曜日・火曜日 11:00~20:00
 水曜日 定休日
 木~日曜日 10:00~16:00
となります。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。
 
営業時間外はメールにてお問合せ頂けると確実です。
→メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。




当店では、
iPhone修理(画面ワレ交換やバッテリー交換)、
→バッテリー交換、液晶交換など iPhone修理に関する詳細はこちらへ

壊れたメディア(SDカード、CFカード、メモリスティック、USBメモリ、ハードディスク)の格安データ復旧・復元、
→壊れたSDカードやUSBメモリからのデータ復旧・復元など データ復旧・復元に関する詳細はこちらへ

iPodClassicの修理(イヤホン修理、バッテリー交換、HDD交換等)、
→バッテリー交換、イヤホンジャック修理、HDD大容量化など iPod Classic修理に関する詳細はこちらへ

ゲーム機(3DS・PSVita等)の修理、も行っております。
→3DS、任天堂スイッチ、PSVita、WiiUなど ゲーム機修理に関する詳細はこちらへ

大阪・京都・和歌山・堺・神戸・西宮など近畿一円遠方から修理のお問合せも多いです。
お困りの方はぜひお問合せ下さい。


古書・古本の買取なら大阪・吹田のサポートモバイル/森川古書店へ
本・コミック・CD・DVDなど高価買取ります。
→古本・古書・ゲームソフト・CD/DVDなど 古本の高価買取に関する詳細はこちらへ





PSVita(PCH-2000)故障修理(カーソルが動きっぱなしになる不具合 大阪市のお客様)

IMG_0027

大阪のお客様よりPSVita(PCH-2000)でカーソルが動きっぱなしになる不具合(左右アナログスティック故障)修理のお問い合わせがございました。

PSVita(PCH-2000)でカーソルが動きっぱなしになる不具合はアナログスティックの交換で修理できます。
アナログスティックの故障は頻繁に起こるようです。
十字キー故障の可能性もありますが、ほとんどがアナログスティックの故障です。
 
→【PSVita 修理メニュー・価格表】アナログスティック交換、液晶交換等 PSVita修理価格など詳細はこちらへ
 
<<目次>>
 ・PSvita修理 カーソルが動きっぱなしになる原因
 ・PSvita修理 カーソルが動きっぱなしになる場合の修理・対処方法
 ・PSvita修理 カーソルが動きっぱなしになる場合、不具合箇所の特定方法
 ・PSvita修理 修理実績
 ・PSvita修理 お問い合わせ先
 


PSvita修理 カーソルが動きっぱなしになる原因

PSVitaでカーソルが動きっぱなしになってしまう不具合は頻繁に発生するようです。
カーソルが動きっぱなしになってしまう不具合の原因は主に
 ・アナログスティックセンター位置のずれ
 ・アナログスティックの故障
 ・十字キーの故障
というのが考えられます。
 

PSvita修理 カーソルが動きっぱなしになる場合の修理・対処方法

カーソルが動きっぱなしになる場合、アナログスティック故障・十字キー故障の場合は、部品交換で修理できます。
 
アナログスティックはPSVitaを起動したときにセンター位置補正をするので、立ち上げ時にアナログスティックを触っていると思いがけずセンター位置がずれてしまう場合があります。
その場合は、アナログスティックを触らずに再起動すると、正しい位置に補正されますので正常動作するはずです。
 
PSvitaをアナログスティックを触らずに再起動しても、カーソル動きっぱなしになる場合は、アナログスティック故障・十字キー故障の可能性が濃厚ですので修理が必要となります。
 

PSvita修理 カーソルが動きっぱなしになる場合、不具合箇所の特定方法

左アナログスティックの故障か、十字キーの故障か判断するにはブラウザで確認するとよいです。
ブラウザを立ち上げてみて、スクロールが上下どちらかに動きっぱなしになると左アナログスティックが壊れています。
ブラウザ上の選択箇所が動きっぱなしになる場合は、十字キーが壊れています。
 
右スティックが壊れている場合もありますが、その場合は、ブラウザの拡大縮小がどっちかに動きっぱなしになります。
わかりにくい場合は、キーの割り当てを左右アナログスティックの割り当てを逆にしてみるとわかりやすいかと思います。
 

修理実績(PSvita修理 左右アナログスティック故障)

PSvita修理のお問い合わせ・ご依頼で一番多いのは、カーソルが動きっぱなしになる不具合のお問い合わせです。
PSVitaでカーソルが動きっぱなしになる場合は、ほとんどが左アナログスティックの故障が原因です。
アナログスティックを交換すれば修理可能です。
 
ごくまれに、十字キーの方に問題がある場合もありますが、その場合は
十字キーの基盤を交換すれば修理できます。
十字キー基盤が壊れる場合は、水をこぼしたり雨にぬらしたりして
基盤が腐食してしまうことが原因となることが多いように思います。
 
左右アナログスティックは使い過ぎによる故障が多いですが、
十字キーは外的要因(水濡れなど)による故障が多いように思います。
 
左右アナログスティックも十字キーもどちらも部品在庫ございましたら、30分程度で修理可能です。
修理価格は 4900円 です。
カーソル動きっぱなしになるとゲームしにくくなりますので
お困りの場合は、お早めにお問合せ頂ければと思います。

お問い合わせ先(PSvita修理 左右アナログスティック故障)

電話でのお問い合わせは(06-6170-9383)まで。
※営業時間をご確認の上お問い合わせお願いします。つながらない場合は時間を空けて再度ご連絡いただけると幸いです。
 
営業時間は
 月曜日・火曜日 11:00~20:00
 水曜日 定休日
 木~日曜日 10:00~16:00
となります。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。
 
営業時間外はメールにてお問合せ頂けると確実です。
→メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。



当店では、
iPhone修理(画面ワレ交換やバッテリー交換)、
→バッテリー交換、液晶交換など iPhone修理に関する詳細はこちらへ

壊れたメディア(SDカード、CFカード、メモリスティック、USBメモリ、ハードディスク)の格安データ復旧・復元、
→壊れたSDカードやUSBメモリからのデータ復旧・復元など データ復旧・復元に関する詳細はこちらへ

iPodClassicの修理(イヤホン修理、バッテリー交換、HDD交換等)、
→バッテリー交換、イヤホンジャック修理、HDD大容量化など iPod Classic修理に関する詳細はこちらへ

ゲーム機(3DS・PSVita等)の修理、も行っております。
→3DS、任天堂スイッチ、PSVita、WiiUなど ゲーム機修理に関する詳細はこちらへ

大阪・京都・和歌山・堺・神戸・西宮など近畿一円遠方から修理のお問合せも多いです。
お困りの方はぜひお問合せ下さい。


古書・古本の買取なら大阪・吹田のサポートモバイル/森川古書店へ
本・コミック・CD・DVDなど高価買取ります。
→古本・古書・ゲームソフト・CD/DVDなど 古本の高価買取に関する詳細はこちらへ





壊れたメモリスティックからデータを取り出す方法・データ復元・復旧

IMG_0026

高槻のお客様より「フォーマットして下さい」エラー表示されるビデオカメラ(壊れたメモリスティック)画像データの復元・復旧についてなどお問い合わせがございました。

メモリスティックをビデオカメラやデジカメに接続した際に「フォーマットして下さい」エラー表示される場合や間違ってフォーマットしてしまった場合でもメモリスティックからデータを復元・復旧・抽出することは可能です。
 
価格・値段や作業時間はメモリスティックの容量によって変わります。
参考価格 64GB のメモリスティック は 9900円
復旧作業時間は2時間程度です。
 
→【データ復元 メニュー・価格表】壊れたSDカードやメモリスティックからのデータ復元等 値段・復元時間など詳細はこちらへ

<目次>
 ・メモリスティックのよくあるトラブル・不具合
 ・壊れたメモリスティックのデータを復旧・復元する方法
 ・メモリスティックのデータ復元・復旧事例
 ・メモリスティックのデータ復元・復旧 お問い合わせ先

 

メモリスティックのよくあるトラブル・不具合

メモリスティックはソニーが開発したデータ記録用小型媒体です。小型化した「メモリースティックデュオ」、薄型・軽量化した「メモリースティックマイクロ」などもありました。
最近はあまり見なくなったメモリスティック(メモステ)ですが、ひと昔前のソニー製のデジタルカメラやビデオカメラではよく使用されていました。
ソニーのゲーム機(PSP)のデータ保存用にも使われていました。ペットロボットAIBOにも使われていました。
 
後継機のPSvitaではSDカードにとってかわられていましたが、SDカードがメジャーになるまでは結構多くのパソコン・デジカメ・ビデオカメラで使用されていました。
ですが、メモリスティックはSDカードが安価・小型化されたため主流はそちら移ってしまったようです。
 
メモリスティックもSDカードやUSBメモリと同様のフラッシュメモリですので、長期間使用していると、領域壊れてきますし、SDカード・USBメモリと同様の手順で復元・復旧できる場合多いです。
 
メモリスティックで発生する不具合も、SDカードやUSBメモリとほぼ同様ですが
 ・突然認識しなくなる。
 ・「フォーマットして下さい」エラー表示される。
 ・間違ってフォーマットしてしまった、
 ・間違ってデータ(写真や動画)を削除してしまった
というご相談が多いです。
 
こういった不具合が起きた場合や、間違って削除してしまった場合でもデータ(動画や画像)を復元・復旧出来る可能性は結構高いです。
メモリースティックが古いメディアだからとあきらめずに一度ご相談下さい。
 
ソニー製のデジカメ・デジタルビデオカメラでメモリースティックを初期化(間違ってフォーマット)してしまった場合は要注意です。
ソニー製のデジカメ・デジタルビデオカメラでは、初期化時に完全フォーマットしてしまう場合があります。
完全フォーマットですと、以前保存されていたデータをきれいさっぱり上書きして削除するので、データ復旧・復元することができません。
 
機種によって初期化の形式が異なるようで、復元できる場合もありました。
機種ごとのスペックで手記化の方式まで開示されているわけではないのですが、無料初期診断で復元・復旧できるか確認できますので、お困りの場合は一度ご相談いただければと思います。
 

壊れたメモリスティックのデータを復旧・復元する方法

「フォーマットして下さい」エラー表示されたり、間違ってフォーマットしてしまったメモリスティックからデータを復旧・復元する方法は
 ・専用のソフトウェアを使う
 ・専門業者に依頼する。
という方法があります。
 
専用のソフトウェアを使う場合、パソコンとパソコンで読み込むためのカードリーダが必要となります。
専門業者に依頼する場合、そういった周辺機器等は必要ありませんが、復旧・復元したデータをどの機器で確認したいかは伝えておいた方がよいかと思います。

 

メモリスティックのデータ復元・復旧事例:「フォーマットして下さい」エラー表示されるビデオカメラ(壊れたメモリスティック)画像データの復元・復旧

<状況>
ビデオカメラで使用していたメモリスティック(64GB)が突然「フォーマットして下さい」エラー表示され、画像や動画が見られなくなった
 
<診断結果>
診断時間:5分
メモリスティックを専用ツールにて診断。専用ツールで内部のデータが存在することを確認、
データ復元・復旧できる可能性があると判断。
 
<データ復元・復旧結果>
復元・復旧時間:90分程度
専用ツールにて、メモリスティックからデータ復旧・復元を実施。
動画データ、20本程度を復元。
フォルダ構成は復元できませんでしたが、ファイル日付は正常に復元。
再生にも問題はありませんでした。
最終、お客さまに復元・復旧データをご確認いただき必要とする日付のデータが復旧できていることを確認いただいた。
メモリスティック以外にもUSBメモリ・SDカード・コンパクトフラッシュカードでも突然壊れてしまったり、まちがってフォーマットしてしまった場合のデータ復元・復旧は可能です。
<データ復元・復旧費用>
9,900円

 

営業時間・定休日のお知らせ(ビデオカメラ(壊れたメモリスティック)画像データの復元・復旧)

現在の営業時間は
 11:00~20:00
となります。
定休日は水曜日です。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。
 
営業時間外はメールにてお問合せ頂けると確実です。
→メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。
 
電話でのお問い合わせは(06-6170-9383)まで。
※営業時間をご確認の上お問い合わせお願いします。つながらない場合は時間を空けて再度ご連絡いただけると幸いです。

 


当店では、
iPhone修理(画面ワレ交換やバッテリー交換)、
→バッテリー交換、液晶交換など iPhone修理に関する詳細はこちらへ

壊れたメディア(SDカード、CFカード、メモリスティック、USBメモリ、ハードディスク)の格安データ復旧・復元、
→壊れたSDカードやUSBメモリからのデータ復旧・復元など データ復旧・復元に関する詳細はこちらへ

iPodClassicの修理(イヤホン修理、バッテリー交換、HDD交換等)、
→バッテリー交換、イヤホンジャック修理、HDD大容量化など iPod Classic修理に関する詳細はこちらへ

ゲーム機(3DS・PSVita等)の修理、も行っております。
→3DS、任天堂スイッチ、PSVita、WiiUなど ゲーム機修理に関する詳細はこちらへ

大阪・京都・和歌山・堺・神戸・西宮など近畿一円遠方から修理のお問合せも多いです。
お困りの方はぜひお問合せ下さい。


古書・古本の買取なら大阪・吹田のサポートモバイル/森川古書店へ
本・コミック・CD・DVDなど高価買取ります。
→古本・古書・ゲームソフト・CD/DVDなど 古本の高価買取に関する詳細はこちらへ





iPod ClassicがiTunesに認識されない場合の修理。(広島のお客様)

iPod Classic 修理

広島のお客様よりiPod ClassicでiTunesに認識されない場合の修理(ハードディスク交換修理) 郵送にてご依頼いただきました。

iPod ClassicがiTunesやパソコンに認識されない場合、ハードディスクが壊れている可能性があります。
iPod Classicのハードディスクは交換修理可能です。
 
iPod Classicの郵送修理は、送料無料で対応させて頂いております。
着払いでお送りいただければ修理対応いたします。
修理完了後の返送も当店負担で発送させて頂きます。
→【iPod Classic 修理メニュー・価格表】バッテリー交換、イヤホンジャック修理、HDD大容量化等 iPod Classic修理価格など詳細はこちらへ
 

<目次>
 ・iPod Classic ハードディスク異常でよくある現象
 ・iPod Classic修理実績(iPod ClassicでiTunesに認識されない場合の修理)
 ・お問合せ先(iPod ClassicでiTunesに認識されない場合の修理)

 

iPod Classic ハードディスク異常でよくある現象

起動時にハードディスクから異音(カラカラと乾いた音がしたり、ガリガリとキズが付くような音がします)がするようになるとほぼ間違いなくハードディスク故障です。
充電ができない場合は、コネクタかケーブルに異常がある可能性が高いです。
 
iPod Classicの記録媒体であるハードディスクは、振動に強くありませんので、持ち運びにはあまり向いていません。
 
長時間振動を与え続けたり、強い衝撃を与えたりすると、一部ファイルが壊れてしまったりする場合多いようです。
こういった場合、一度初期化(工場出荷時の状態に戻す)すると直ったりすることもありますが、
パソコンにつないでも認識されなくなってしまうと、もうハードディスクを交換するしか修理する方法はありません。
 
そもそも、iPod Classicは発売されて10年以上たっていますので、ハードディスクの寿命がきて
壊れてしまう可能性もあります。
こういった場合も、ハードディスク交換で修理可能です。
 

iPod Classic修理実績(iPod ClassicでiTunesに認識されない場合の修理)

iPod ClassicをパソコンにつないでもiTunesで認識されない。といった不具合は結構多いです。
iTunesに認識されない原因の多くはハードディスク異常です。
 

iPod ClassicでiTunesに認識されない場合の修理(ハードディスク故障)

<機種>
iPod Classic 160GBモデル
<症状>
パソコンに接続しても認識せず、iTunesで同期できない。
<修理内容>
この機会にハードディスクの大容量化も行いたいとのご希望で
ハードディスクを 256GB SDカードに変更。
<修理時間>
60分程度
<修理費用>
SDカード化 256GB 19,500円
 

当店、ハードディスク異常の場合は、SDカード(フラッシュメモリ)への交換で対応させて頂いております。
SDカード(フラッシュメモリ)に交換すると、ずいぶんと軽くなりますし、起動も若干早くなるようです。
同程度の容量であれば、ハードディスクよりもバッテリーの持ちは良くなります。
 
多少金額かかりますが、長期間使用する予定のある方は
SDカード(フラッシュメモリ)への交換を検討されてはいかがでしょうか。

お問い合わせ先(iPod ClassicでiTunesに認識されない場合の修理)

電話でのお問い合わせは(06-6170-9383)まで。
※営業時間をご確認の上お問い合わせお願いします。つながらない場合は時間を空けて再度ご連絡いただけると幸いです。
 
営業時間は
 月曜日・火曜日 11:00~20:00
 水曜日 定休日
 木~日曜日 10:00~16:00
となります。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。
 
営業時間外はメールにてお問合せ頂けると確実です。
→メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。



当店では、
iPhone修理(画面ワレ交換やバッテリー交換)、
→バッテリー交換、液晶交換など iPhone修理に関する詳細はこちらへ

壊れたメディア(SDカード、CFカード、メモリスティック、USBメモリ、ハードディスク)の格安データ復旧・復元、
→壊れたSDカードやUSBメモリからのデータ復旧・復元など データ復旧・復元に関する詳細はこちらへ

iPodClassicの修理(イヤホン修理、バッテリー交換、HDD交換等)、
→バッテリー交換、イヤホンジャック修理、HDD大容量化など iPod Classic修理に関する詳細はこちらへ

ゲーム機(3DS・PSVita等)の修理、も行っております。
→3DS、任天堂スイッチ、PSVita、WiiUなど ゲーム機修理に関する詳細はこちらへ

大阪・京都・和歌山・堺・神戸・西宮など近畿一円遠方から修理のお問合せも多いです。
お困りの方はぜひお問合せ下さい。


古書・古本の買取なら大阪・吹田のサポートモバイル/森川古書店へ
本・コミック・CD・DVDなど高価買取ります。
→古本・古書・ゲームソフト・CD/DVDなど 古本の高価買取に関する詳細はこちらへ