iPod Classic 修理

iPod Classic 修理サービス

iPod Classic 第5世代 即日・安い値段で修理行っております。
 
iPod Classicのバッテリー(電池)交換、イヤホン片耳聞こえない故障対応(イヤホンジャック交換)、iTunesと同期できない故障(HDD交換)、HDD大容量化(SDカード化・SSD化)、クリックホイール交換・ボタン故障・液晶交換など修理対応可能です。
ご質問等丁寧に対応させて頂いておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

 
iPod Classic 最安価格で修理対応中
 当店より安い価格で修理する店舗ございましたら、対抗させて頂きますので、お見積りご相談ください。

 
iPod Classic 自己修理時のトラブル・お問い合わせ無料で受け付けます。
 自分で修理してみたけれど、うまくできない。動かないといったトラブルのご相談、無料で受付いたします。
お気軽にお問い合わせください。
→メールでのお問合せはこちらからお願いします。

 
壊れた(ジャンク品)iPod Classicの買取も行っております。
 壊れている状態によって買取価格変ります。
買取価格を確認されたい場合は、電話またはメールにてお問い合わせください。
→【iPod Classic  ジャンク品買取詳細】動かない物でも買取いたします。

 
iPod Classic修理 郵送修理 送料無料サービス 始めました。
iPodClassic/iPod修理 送料無料
 修理のご依頼時は着払いで発送可能です。
修理完了後の送料も無料。こちらで負担させて頂きます。
※修理できなかった場合、着払いでのご返送となりますのでご了承ください。

 
CD・DVD・古本等の宅配買取/出張買取も行っております。
→【CD・DVD・古本等買取詳細】 CD・DVD・古本・ゲームソフト等の宅配買取・出張買取承ります。
 

壊れたSDカードやUSBメモリからデータ復元致します。
→壊れたSDカードやUSBメモリからのデータ復元価格・作業時間など詳細はこちらへ

 



<<HDD/hdd 大容量化(SD化) 値下げしました。(2020年12月19日)>>
SDカードの価格変動のため、価格見直し(若干値下げ)しました。

 
iPod Classicモデルの調べ方
iPodClassic/iPodの古いモデル 修理ご希望の方はモデル・世代を確認の上お問合せ頂けるとスムーズに対応可能です。
iPodClassic/iPodモデルの調べ方はこちらへ

classic
  



iPod Classic 第5世代 修理料金価格・値段表

よくある症状価格(部品・工賃込)
バッテリー交換
(バッテリー持ちが悪くなった。
起動しなくなった。
等)
4,900円
イヤホン不具合
(片耳が聴こえない
ロックがかからない
等)
4,900円
クリックホイールボタン不具合
(ボタンが押せない、ホイールが反応しない等)
4,900円
液晶表示不良
(白くなった、暗い・スジ・表示不良)
6,900円
ドッグコネクター不良
(充電出来ない)
8,900円
HDD故障(HDD交換)
(iTunesと同期できない
再生ができない
起動しなくなった等)
※在庫状況により対応可。
80GB:16,900円
120GB:21,900円
160GB:24,900円
HDD故障・大容量化(SDカードに交換)
端末本体が軽量化、壊れにくい、起動速度が早い。(右記容量は交換メモリ容量です。実際に使用できる容量は若干少なくなります。)
32GB:11,500円
64GB:12,500円
128GB:15,500円
160GB:16,500円
(160GB後期モデルは以下容量も対応可能)
192GB:17,500円
256GB:19,500円
320GB:21,500円
384GB:23,500円
448GB:25,500円
512GB:27,500円
SSD化・大容量化64GB:17,500円
128GB:19,500円
(160GB後期モデルは以下容量も対応可能)
256GB:23,500円
512GB:31,500円
水没5,900円〜

iPod Classic SD化/SSD化による大容量化も対応可能
iPodClassic/iPod 大容量化 SD化でもSSD化でもどちらでも対応いたします。
SSD化とSD化の違いは以下ページにまとめてみましたので参考にしてください。
→【iPod Classic 修理事例】SSD化とSD化の違い(ipod Classic 大容量化(SSD化/SD化)) 修理事例
 

iPod Classic  部品持込修理
iPodClassic/iPod 部品持込修理 工賃3000円で承ります。
部品は購入したけど交換できなかった。故障機2台で1台に修理したいなど
ご希望ございましたらお問合せ下さい。
※部品持込時は修理保証対象外となります。
※部品持込時は送料無料対象外となります。
※iPodClassic のバッテリー大容量化は、部品がはまらない場合が多いようですので
おすすめいたしません。

 

iPod classicの特徴と修理の必要性

iPod classicは、大容量ストレージ、直感的な操作性、そして長いバッテリー駆動時間が特徴の人気ポータブルオーディオプレーヤーです。しかし、長年の使用によりバッテリーの劣化やパーツの故障が起こることがあります。
iPod classicを長く使い続けるためには、適切な修理が必要不可欠です。バッテリー交換、イヤフォンジャック交換、内部パーツ交換など、様々な修理メニューがあります。修理を行うことで、iPod classicの寿命を大幅に延ばすことができます。
 

バッテリー(電池)劣化の症状
iPod classicのバッテリーは、長期使用によって劣化していきます。バッテリー劣化の主な症状は以下の通りです。
・駆動時間が短くなる
・充電が早く切れる
・電源が突然落ちる
・PC経由のUSB充電では充電が満タンにならない。
 コンセント直接の充電じゃないと満充電にならない。
・バッテリー(電池)が膨張して液晶画面(フロントパネル)を押すとシミのようなかげが見える
・起動しない。リンゴマーク表示された後に電源が落ちる。
バッテリー劣化が進行すると、iPod classicの使用に支障をきたすようになります。バッテリー交換が必要な目安は、駆動時間が2時間以下になった場合です。
→【iPod Classic 修理事例】バッテリー(電池)交換修理事例
 

<イヤフォンジャックの不具合と症状>
iPod classicのイヤフォンジャックは、長期使用によって磨耗や破損が起こることがあります。イヤフォンジャックの不具合の主な症状は以下の通りです。
・イヤホンが接続できない
・イヤホンの接続が不安定
・ノイズが入る
・音が出ない
・イヤホンが片耳しか聴こえない。
・ロックがかからない。逆にロックがかかりっぱなしで解除できない。
イヤフォンジャックの不具合が進行すると、iPod classicの音楽再生に支障をきたすようになります。このような症状が現れた場合は、イヤフォンジャックの交換が必要です。・イヤホンが聴こえない。
→【iPod Classic 修理事例】イヤホンジャック交換修理事例
 

<ハードディスク(HDD/hdd)故障の症状>
・iTunesで同期ができない。初期化もできない。
・登録済みの曲の再生できるが、新しい曲を登録できない。
・まったく起動しない。リンゴマーク表示から進まない。
・起動しない(バツマーク表示)。
・起動後、からからと変な音がする。
・ハードディスク(HDD/hdd)の残量表示がおかしい。
・曲が途中で止まる。
・特定の曲だけ再生できない
など
→【iPodClassic 修理事例】ハードディスクHDD交換修理事例
 

<ボタン・ホイール故障の症状>
・ホイール中央のボタンが押しても反応しない。
・ホイール中央のボタンが陥没した。
・ホイールが反応しない。
など
 

<液晶画面故障の症状>
・液晶画面(フロントパネル)を押すとシミのようなかげが見える。
・液晶画面(バックパネル)に縦線がはいった。
・液晶画面が表示されない。
など
 

<ストレージ容量アップグレード:ハードディスクをSDカードへ交換した場合のメリット>
・大容量にすれば、登録曲数が増える。
・起動がはやくなる。
・同容量であれば、バッテリー(電池)消費量が少ない。
・軽量化(50グラムほど軽くなります。)
など。
メンテナンス性もよくなりますので長く使用する予定の方にはお勧めです。
SDカード容量での費用調整も可能ですのでお気軽にご相談下さい。
→【iPod Classic 修理事例】ディスク容量を増やしたい(大容量化(SSD化/SD化))の修理事例
 

<iPod Classicを長く使うために>

今はまだ、修理部品手に入りやすいiPodClassic ですが、今後だんだんと
メンテナンスできなくなる可能性はあります。
iPod classic を長く使っていくために今のうちにオススメする修理をご紹介します。
 

・一番のオススメは ハードディスク(HDD/hdd)のSDカード・SSDへの交換です。
iPodClassic のハードディスク(HDD/hdd)は本当にハードディスク(HDD/hdd)(パソコンに内蔵されているハードデイスクと機構はおなじ)なので振動に弱く、携帯には向いていません。
持ち歩きでの使用が多い方はSDカード・SSDへの切り替えがオススメです。
SDカード・SSDが壊れたときも、SDカード・SSDだけ交換すればいいので比較的安い値段で済みます。
 

・購入後、一度も交換していない場合は、そろそろバッテリー(電池)交換することをオススメします。
iPodClassic/iPod のバッテリー(電池)は使用状況にもよるかもしれませんが
あまり、短期間で劣化することが少ないように思います。
10年使って一度も変えていないし不便もないという方も多いです。
今でしたら、純正で使用されているメーカーのバッテリー(電池)も入手できていますので
機会があれば、バッテリー(電池)交換しておくのもオススメです。
はずれでなければ、さらに5年以上は使用できると思います。
 

・壊れないと必要性なさそうですが、イヤホンジャックの交換もおすすめです。
iPodClassic/iPod のイヤホンが片耳聞こえないという故障の修理は多いですが、
イヤホンジャック部品の一部が経年劣化で断線するようです。
使用状況など、条件あるのかもしれませんが、修理した機器を見ても特に外観等の異常見られませんでしたので、長期間つかっていると自然と断線するように思われます。
なので、予防で交換しておくこともおすすめです。
 

・ホイールボタン修理可能となりました。
ボタン押しても反応しない。ホイールを回しても動かないなど故障がございましたらご相談下さい。
 

・修理できない(できるけど基盤ごとの交換となる)部分あります。
iPodClassic/iPod のドックコネクタ は基盤に直接取り付けられている部品ですので壊れると、当店では基盤ごと交換するしか修理できません。
ドックコネクタ は無理な力を掛けなければほとんど壊れませんので壊れないように使用されることをお勧めします。
 

修理以外の選択肢

中古品の購入
iPod classicの修理が難しい場合や、費用がかかりすぎる場合は、中古品の購入を検討するのも良いでしょう。
中古iPod classicは、ストレージ容量や状態によって価格が大きく異なりますが、修理費用を抑えられる可能性があります。ただし、中古品の場合は、バッテリーの劣化や故障リスクがあるため、慎重に選ぶ必要があります。
新製品への買い替え
iPod classicの修理が難しい場合や、高額になる場合は、新しいポータブルオーディオプレーヤーへの買い替えも検討できます。
現在、iPod touchやスマートフォンなど、iPod classicの後継機種が発売されています。これらの製品は、より高性能で機能的なデバイスとなっており、iPod classicの代替として活用できます。
ただし、iPod classicならではの大容量ストレージや操作性、デザインなどを重視する場合は、中古品の購入を検討するのがよいでしょう。

(iPod Classic 修理)お支払い方法

修理完了後、現金にてお支払いください。
 

(iPod Classic 修理)修理保証について

修理した箇所に限り3ヶ月間の修理保証(1回)を致しております。
(ただし、自己破損などは除かせていただきます) 
 

(iPod Classic修理)ご依頼方法

電話(06-6170-9383)にてご予約後ご来店下さい。
郵送・宅配でも修理受付いたします。
メールでのお問合せはこちらへ
 

(iPod Classic 修理)営業時間・定休日のお知らせ

営業時間は
 月曜日・火曜日 11:00~20:00
 水曜日 定休日
 木~日曜日 10:00~16:00
となります。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。
 

営業時間外はメールにてお問合せ頂けると確実です。
→メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。
 

(iPod Classic 修理)郵送修理実績

 
→【iPod Classic  宅配修理事例】福岡のお客様(バッテリー交換修理)
 
→【iPod Classic  宅配修理事例】札幌のお客様(バッテリー交換修理)
 
→【iPod Classic  宅配修理事例】東京のお客様(バッテリー交換修理)
 
→【iPod Classic  宅配修理事例】横浜のお客様(初期化失敗修理)
 
→【iPod Classic  宅配修理事例】秋葉原のお客様(イヤホンジャック修理)
 
→【iPod Classic  宅配修理事例】名古屋のお客様(リンゴマーク表示修理)
 
→【iPod Classic  宅配修理事例】仙台のお客様(iTunes 認識異常修理)
 
→【iPod Classic  宅配修理事例】和歌山のお客様(バッテリー交換修理)
その他、近畿一円(奈良、神戸、京都、滋賀)、岡山、大分、静岡、新潟 などからもご依頼いただいております。

壊れた(ジャンク品)iPod Classic 買取いたします。

iPodClassic/iPod ジャンク品買取


→【iPodClassic/iPodジャンク品買取詳細】動かない物でも買取いたします!
お気軽にお問合せ下さい。

大阪府吹田市千里丘でのiPod Classic 修理ならサポートモバイルにおまかせください。

大阪府の吹田市や茨木市でiPodClassic/iPod 修理が必要な方はいらっしゃいませんか?
iPodClassic/iPod 修理に良くある事例として、イヤホンジャックの故障(片側・片耳が聞こえない)、バッテリー(電池)がもたない、ガラス割れや液晶割れ、が挙げられます。
また、ハードディスク(HDD/hdd)をSDカード・SSDに交換することで、大容量化、高速化も対応できます。
サポートモバイルでは修理にかかるお時間の目安として、修理は60分程度いただいています。最安値に近い価格・安い値段で修理箇所は3ヶ月保証(自己破損の場合を除く)させていただきますので、安心してお任せください。










06-6170-9383