要注意!】車の事故後すぐにこれをやらないと後悔します(上書き・削除されたドライブレコーダーのデータ復元)

データ復元 修理実績(上書き・削除されたドライブレコーダーのSDカードデータ復元)

最近、ドライブレコーダーのSDカードデータ復元に関する依頼が多いです。
 
SDカード自体の故障による読み込み異常でしたら復元可能性高いですが、消えてしまった(上書き・削除された)過去の録画を復元してほしいというご依頼も多くございます。
ドライブレコーダーで上書き・削除された過去の録画データは残念ながらほとんどが復元できません。
 
ドライブレコーダーを取り付けると、安心感が出ますが、録画データの保存期間など注意していないと、事故など何かあったときに動画が上書き・削除されて残っておらず、意味のないものになってしまいますのでご注意ください。
 
<ドライブレコーダーのSDカード・USBメモリの郵送・宅配データ復元 送料無料です。>
→【データ復元 メニュー・価格表】壊れたSDカードやUSBメモリからのデータ復元価格・作業時間など詳細はこちらへ
 
→【データ復旧】ハードディスク(HDD・SSD)の復旧詳細はこちらからご確認ください。


<目次>
 ・ドライブレコーダーで車の事故後すぐにやるべきこと
 ・ドライブレコーダーの事故記録に関する注意点
 ・ドライブレコーダーでよくあるデータトラブル(上書き・削除)
 ・ドライブレコーダーのデータトラブル(上書き・削除)で困らないために知っておきたいこと
 ・事故にあった場合にやっておきたいこと(ドライブレコーダーのデータトラブル(上書き・削除)で困らないために)
 ・お問い合わせ先(ドライブレコーダーのSDカードデータ復元)

 
→【参考】上書きされたドライブレコーダーの録画データ 復元出来る場合とできない場合

ドライブレコーダーで事故後すぐにやるべきこと

車で事故などトラブルに会うと、気が動転してしまうと思います。
こういう時に自動で事故映像を録画してくれているドライブレコーダーは頼もしい存在ですが、事故後なるべく早くにやるべきことをやっておかないと後々後悔することになります。
 
やるべきこととは、「ドライブレコーダーが録画しているSDカードを取り出して保管すること」です。
自走して帰れる場合でもSDカードを戻してはいけません。
 
なぜSDカードを取り出して保管するかというと、SDカードにこれ以上録画をさせないためです。
ドライブレコーダーは新しく録画を行う際に過去の録画データを削除してしまう物がほとんどです。
エンジンをかけっぱなしにしているだけでも録画が進んで、少ない容量のSDカードだと2・3時間程度で事故時の録画データが消されてしまう可能性があります。
自動で削除されるのを防ぐためにSDカードは一旦取り出してしまう事をお勧めいたします。
 
自走して帰宅したら事故時の録画データが消えていた。
もしくは2・3日して確認したら録画データがない。
録画データ復元できないかというお問い合わせが大変多いです。
 
ドライブレコーダーで自動上書・削除された録画データはほぼ復元できません。
どんなに高価な費用を掛けようがどうやっても復元出来ない場合がほとんどです。
事故時に録画していたSDカードは録画データをすべてパソコンなど別媒体に移してから再度ドライブレコーダーに装着しましょう。
別媒体にデータ移せない方は、そのSDカードは使用せずに、新しいSDカードを購入して使用することをお勧めします。
 
事故時の録画はいつ必要になるかわかりません。
しばらくたってから保険会社や事故相手から提示求められる場合もあるようです。
事故時の録画データはとても大切ですので、無くなってしまう前にバックアップ等で対策しておきましょう。
 

ドライブレコーダーの事故記録に関する注意点

ドライブレコーダーは、交通事故の際に映像や音声を記録することで、事故の原因究明や加害者・被害者の特定に役立つツールです。近年、ドライブレコーダーの普及が進んでおり、交通事故の際にドライブレコーダーの映像が証拠として採用されることも増えています。
 

ドライブレコーダーの映像は、交通事故の原因究明や加害者・被害者の特定に役立つだけでなく、事故の再発防止にも役立ちます。ドライブレコーダーの映像を見ることで、運転者は自分の運転のミスを振り返り、安全運転に対する意識を高めることができます。
 

ドライブレコーダーは、交通事故の被害を軽減し、安全運転を促進するために有効なツールです。ドライブレコーダーの導入を検討している方は、ぜひドライブレコーダーの機能を比較検討して、自分に合ったドライブレコーダーを選んでください。
 

ドライブレコーダーの事故記録に関する注意点
ドライブレコーダーは、交通事故の際に映像や音声を記録することで、事故の原因究明や加害者・被害者の特定に役立つツールです。しかし、ドライブレコーダーの事故記録にはいくつかの注意点があります。
 

まず、ドライブレコーダーの映像は、必ずしも事故の証拠として採用されるとは限りません。ドライブレコーダーの映像が事故の証拠として採用されるためには、映像が鮮明で、事故の状況を明確に確認できる必要があります。また、ドライブレコーダーの映像は、事故の当事者の同意を得ずに録画することはできません。
 

次に、ドライブレコーダーの映像は、プライバシー侵害につながる可能性があります。ドライブレコーダーの映像には、事故の当事者だけでなく、第三者の映像も含まれている場合があります。そのため、ドライブレコーダーの映像を公開する際には、第三者のプライバシーに配慮する必要があります。
 

最後に、ドライブレコーダーは、万能ではありません。ドライブレコーダーは、事故の際に映像や音声を記録することはできますが、事故を未然に防ぐことはできません。そのため、ドライブレコーダーを導入したからといって、油断せずに安全運転を心がけることが大切です。

 

ドライブレコーダーでよくあるデータトラブル(上書き・削除)

大抵のドライブレコーダーは自動的に過去の録画を削除する機能が備わっています。
事故にあったあと、録画しっぱなしで自走して帰宅すると、上書き・削除されて事故時間の録画が消えてしまっていたということはよくあります。
 
車の中は結構厳しい環境で、夏場は高温多湿、冬場は低温・乾燥。車が動き出せば冷暖房で急激に温度が変わるなど、SDカードの保存には基本向いていない環境です。
加えて、走っている間はずっと録画しており、SDカードへの読み書き回数はかなりの量になりますので、SDカードの寿命はかなり短くなります。
 
ドライブレコーダーを購入しから、いちども動画チェックしていないと、いつの間にかSDカードが壊れていて全く録画できていなかったということもあります。
 
→【参考】ドライブレコーダーちゃんと録画できていますか?(ドライブレコーダー使用時の注意点)

ドライブレコーダーのデータトラブル(上書き・削除)で困らないために知っておきたいこと

・ドライブレコーダーのSDカード容量とその容量で録画できる時間はきちんと押さえておきましょう。
事故が起きた場合に、何時間後までデータが残っているかわからないといつの間にか事故動画が消えてしまう事になります。
 
だいだいの録画時間の目安ですが、1GB1時間程度と思っていただければよいのではないでしょうか。
8GBなら8時間運転したら、その前の録画は消えてしまう可能性が高いと思いましょう。
※画質や機種によって録画時間は異なりますので正確な録画可能時間はお持ちの機種でお調べください。
 
・SDカードの使用開始日と寿命(交換時期)を知っておきましょう。
前述したように、ドライブレコーダーで使用されるSDカードは、デジカメやスマホで使用するSDカードより短寿命となる可能性が高いです。
ドライブレコーダーの説明書に交換目安が記載されていると思いますので、その時期になったら新しいSDカードへの交換を検討しましょう。

 
→【参考】SDカード・USBメモリの壊れる前兆とは? 動画データの復元事例

事故やトラブルにあった場合にやっておきたいこと(ドライブレコーダーのデータトラブル(上書き・削除)で困らないために)

事故にあったあと、何もせずに自走して帰宅してしまうと事故当時の録画データが上書き・削除されて消えてしまう可能性があります。
事故にあったら、とりあえずドライブレコーダーからSDカードを取り外しましょう。
余裕のある方は車内に予備SDカードを常備しておいて、事故後に切り替えるといいでしょう。
 
最近のドライブレコーダーでは、衝撃があったなどの一定条件でその録画を削除しないようにする機能もあるようです。
ですが、事故時の動画が本当に削除ロックされているかどうかはきちんと確認しておかないと削除ロックされていなくて消えてしまう場合もありますので注意してください。
いつ何時事故が起こるかわからないためのドライブレコーダーですが事故・事件が起こった場合、即座にデータを別媒体に保管する必要があることをしっかり認識しておく必要があるかと思います。

 

お問い合わせ先(ドライブレコーダーのSDカードデータ復元)

ドライブレコーダーではSDカード容量使い切った場合、一番古いデータから消されていきます。
上書き・削除され、消されたデータはほとんどの場合、即時に新しい録画で上書きされるため情報が完全に残りません。
 
データ復元は削除後でも残っている情報をかき集めて正常データに復元する技術です。
ですので、新しい情報で上書きされるとほとんどの場合録画データは復元できません。
 
最悪、何とかなるかどうかは、復元してみないとわからない部分もあります。
トラブルでお困りの場合は一度ご相談ください。
 
ドライブレコーダーのSDカードデータ復元に関する電話でのお問い合わせは
(06-6170-9383)まで。
※営業時間をご確認の上お問い合わせお願いします。つながらない場合は時間を空けて再度ご連絡いただけると幸いです。
 
営業時間は
 月曜日・火曜日 11:00~20:00
 水曜日 定休日
 木~日曜日 10:00~16:00
となります。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。
 
営業時間外はメールにてお問合せ頂けると確実です。
→メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。