パソコンでUSBメモリが突然「フォーマットしてください」表示される場合のデータ復旧・復元(2020年10月26日の修理:大阪府高槻市のお客様)

IMG_0019



大阪・京都・高槻のお客様よりパソコンでUSBメモリが突然「フォーマットしてください」表示される場合のデータ復旧・復元などのお問い合わせがございました。


USBメモリが、今まで普通に使えていたのに、いきなり「フォーマットしてください」とメッセージ表示され、データが見れなくなったという不幸に見舞われたことはありませんでしょうか。
この現象は、実際結構な頻度で発生します。


USBメモリを丁寧に取り扱っていたとしても、時間がくれば、この事象は発生しやすくなります。
だいたい2年ぐらい連続して使用していいると、発生頻度が上がってくるようです。


USBメモリはSDカードと同じフラッシュメモリです。
フラッシュメモリに使用される記録素子には消去・書き込み回数に上限があり、それを超えて使用するとデータの読み書きにエラーが発生します。
そのため、頻繁に書き込み・消去を繰り返すとUSBメモリの異常発生頻度も上がってきます。


データ保存している領域に異常が発生した場合は、一部データが参照できなくなる程度ですが、管理情報の記録領域にエラーが発生すると「フォーマットしてください」とエラーが発生したり、ドライブとして認識されなくなったりします。


結構、USBメモリを長期保存用ドライブとして使用されている方多いのですが、USBメモリの故障でデータ失われるリスクが高いので、定期的なバックアップをご検討下さい。
実際に、USBメモリに不具合発生して読み込めなくなったとしても、内部のデータは残っている場合多いです。
そういったデータは当店で復旧できますので、お困りの際はぜひご相談ください。


当店では、
iPhone修理(画面ワレ交換やバッテリー交換)、
壊れたメディア(SDカード、CFカード、メモリスティック、USBメモリ、ハードディスク)の格安データ復旧・復元、
iPodClassicの修理(イヤホン修理、バッテリー交換、HDD交換等)、
ゲーム機(3DS・PSVita等)の修理、も行っております。
京都・堺・神戸・西宮・高槻など近畿一円遠方から修理のお問合せも多いです。
お困りの方はぜひお問合せ下さい。


古書・古本の買取なら大阪・吹田のサポートモバイル/森川古書店へ
本・コミック・CD・DVDなど高価買取ります。