PSVita(PCH-2000)のカーソルが動きっぱなしになる場合の修理(2020年10月16日の修理:枚方のお客様)

IMG_0013



大阪・京都・枚方のお客様よりPSVita(PCH-2000)でカーソルが動きっぱなしになるなどのお問い合わせがございました。


PSVita(PCH-2000)でカーソルが動きっぱなしになる場合は、アナログスティック不具合が原因の場合がほとんどです。
十字キーの不具合も疑われますが、ほとんどがアナログスティックの交換で直ります。
アナログスティックの方が使用頻度多いと思いますので、使用頻度が多い方がやっぱり壊れやすいですね。


十字キー不具合の場合は、カーソル動きっぱなしになるよりも、ボタンが効かなくなる場合が多いです。


メニュー画面でカーソル動きっぱなしになる場合は、左スティックが壊れています。
メニュー画面では大丈夫だけど、ゲームを始めるとカーソルが動きっぱなしになる場合もあり、その場合は、右スティックの異常が疑われます。


ゲームでは、右と左両スティックにカーソル移動のキーを割り当てている場合あります。
その場合、右のアナログスティック不具合によってカーソルの暴走が発生します。
ブラウザを立ち上げてみるとよくわかりますし、キー割り当てで右と左のアナログスティックキー割り当てを入れ替えてみるとメニュー画面でもカーソルが動きっぱなしになる場合には右のスティックが壊れています。


スティックは右左どちらも壊れやすいので、おかしいなと思ったらお問合せ頂ければ、修理対応させて頂きます。


当店では、
iPhone修理(画面ワレ交換やバッテリー交換)、
壊れたメディア(SDカード、CFカード、メモリスティック、USBメモリ、ハードディスク)の格安データ復旧・復元、
iPodClassicの修理(イヤホン修理、バッテリー交換、HDD交換等)、
ゲーム機(3DS・PSVita等)の修理、も行っております。
京都・堺・神戸・西宮・枚方など近畿一円遠方から修理のお問合せも多いです。
お困りの方はぜひお問合せ下さい。


古書・古本の買取なら大阪・吹田のサポートモバイル/森川古書店へ
本・コミック・CD・DVDなど高価買取ります。