PSVita(PCH-2000)十字キー・スティック修理

PSVita(PCH-2000)十字キー・スティック修理



枚方のお客様よりPSVita(PCH-2000)でカーソルが動きっぱなし(暴走)になる場合の修理御依頼頂きました。


→【PSVita 修理価格詳細】液晶交換など他の不具合にも対応いたします。


PSVita(PCH-2000)でカーソルが動きっぱなしになる場合は、アナログスティック不具合が原因の場合がほとんどです。
十字キーの不具合も疑われますが、ほとんどがアナログスティックの交換で直ります。
アナログスティックの方が使用頻度多いと思いますので、使用頻度が多い方がやっぱり壊れやすいですね。


十字キー不具合の場合は、カーソル動きっぱなしになるよりも、ボタンが効かなくなる場合が多いです。


メニュー画面でカーソル動きっぱなしになる場合は、左スティックが壊れています。
メニュー画面では大丈夫だけど、ゲームを始めるとカーソルが動きっぱなしになる場合もあり、その場合は、右スティックの異常が疑われます。


ゲームでは、右と左両スティックにカーソル移動のキーを割り当てている場合あります。
その場合、右のアナログスティック不具合によってカーソルの暴走が発生します。
ブラウザを立ち上げてみるとよくわかりますし、キー割り当てで右と左のアナログスティックキー割り当てを入れ替えてみるとメニュー画面でもカーソルが動きっぱなしになる場合には右のスティックが壊れています。


スティックは右左どちらも壊れやすいので、おかしいなと思ったらお問合せ頂ければ、修理対応させて頂きます。



→【PSVita ジャンク品買取】動かない物でも買取いたします。