3DSLLで充電ができなくなった。充電コネクタ不具合の修理(2020年10月12日の修理:大阪府吹田市のお客様)

IMG_0197



大阪・京都・吹田のお客様より3DSLLで充電ができなくなった。充電コネクタ不具合の修理などのお問い合わせがございました。


製造中止がきまってしまった3DSですが、まだ修理のお問合せは多いです。
充電ができなくなったというお問合せは多いです。
充電できなくなる原因はだいたい3つです。
・本体の充電コネクタが壊れている。
・充電器が断線している。
・バッテリーが膨張し接触不良を起こしている。
以上3パターンがほとんどです。

電源を入れて日付が初期化されているとバッテリーに問題がある場合が多いです。
バッテリーの膨張は3DS本体の裏側をみたら膨らんでいるので診たらわかると思います。

充電器を別の物に変えてみて正常に充電できれば、充電器の不具合です。
意外と充電器に断線などの問題がある場合は多いです。
3DSの充電器は結構ケーブル細いので、雑に扱っていると断線しやすいようです。
充電できなくなった場合に、別の充電器を試してみるのはオススメです。



最後は本体の充電コネクタが壊れている場合です。
充電コネクタに充電ケーブル挿しっぱなしでゲームしていると、ちょっとした衝撃で内部の基盤と充電コネクタ部品が外れてしまったり、充電コネクタ内部のプラスチック部品が外れたりします。
初期版 3DS、3DSLLはかなり充電コネクタ壊れやすいので注意した方がよいかと思います。
NEW3DSになってだいぶ改善されましたが、それでも中のプラスチック部品が取れやすいのは変わらないので注意してください。

バッテリーや充電ケーブルは、家電量販店や、ニンテンドーのオンラインストアでの購入をお願いしております。
一度、互換バッテリーを使ってみたことがありますが、あまり品質の良いものではありませんでした。
当店でも取り寄せはできますが、とくに安くできるわけでもありませんのでお客様ご自身での購入をお勧めしております。

本体側の充電コネクタ故障は、部品交換で修理可能です。
ときどき、基盤のプリント配線が剥がれ落ちている場合があり、その場合は、充電台での充電はできなくなります。
常に充電台で充電されている方は、ほとんど充電コネクタ壊れないと思います。
部品交換すると、充電ケーブル直接差し込んでの充電は必ずできるようになりますので、そこはご安心下さい。


充電コネクタの修理は
【3DS】3,000円
【3DSLL】3,500円
【new3DS】3,500円
【new3DSLL】3,500円
です。
修理時間は 1時間程度 となります。
3DSの充電できなくてお困りの方は一度お問合せ下さい。



当店では、
iPhone修理(画面ワレ交換やバッテリー交換)、
壊れたメディア(SDカード、CFカード、メモリスティック、USBメモリ、ハードディスク)の格安データ復旧・復元、
iPodClassicの修理(イヤホン修理、バッテリー交換、HDD交換等)、
ゲーム機(3DS・PSVita等)の修理、も行っております。
京都・堺・神戸・西宮・吹田など近畿一円遠方から修理のお問合せも多いです。
お困りの方はぜひお問合せ下さい。


古書・古本の買取なら大阪・吹田のサポートモバイル/森川古書店へ
本・コミック・CD・DVDなど高価買取ります。