ドライブレコーダーでSDカードを抜いたら動画が壊れていた場合の復旧方法

IMG_0153

大阪・京都・吹田のお客様よりドラレコ(ドライブレコーダー)でデータ削除された動画の復元などのお問い合わせがございました。

ドラレコで、上書きデータ削除録画されてしまった動画はほとんどの場合、データ復元できません。
事故時などの肝心のデータをきっちり証拠として残せるように、ドラレコ使用時の注意点をまとめてみましたのでご紹介いたします。
 
<ドラレコのデータ復元などでお困りの場合はお気軽にご相談ください>
ドラレコからSDカードを抜いたらSDカードが壊れてしまったなどいろいろなトラブルのご相談承ります。
ドラレコSDカードからのデータ復元 7900円~9900円
→【データ復元 メニュー・価格・時間表】壊れたSDカードやUSBメモリからのデータ復旧・復元 価格など詳細はこちらへ
 
→【データ復旧】ハードディスク(HDD・SSD)の復旧詳細はこちらからご確認ください。

<目次>
・ドラレコでSDカードを抜いたら動画が壊れていた!復元できる?
・ドラレコを使用する際の注意点
・ドラレコの選び方
・SDカード抜いた後のドライブレコーダー対応ガイド
・お問い合わせ先(ドラレコの上書き・データ削除された動画復元について)

 
参考記事:復元出来る場合とできない場合 ドラレコの上書き・データ削除された動画復元
→【参考】上書きされたドライブレコーダーの録画データ 復元出来る場合とできない場合

ドラレコでSDカードを抜いたら動画が壊れていた!復元できる?

ドライブレコーダーで撮影した動画が、いざ確認しようとしたら壊れていて見られない!そんな経験はありませんか?
SDカードの抜き差しは日常的な操作ですが、実はこれが動画破損の原因となる場合があるのです。この記事では、ドラレコでSDカードを抜いたら動画が壊れた場合の復元方法について解説します。
 

動画が壊れる原因
SDカードの抜き差しによって動画が壊れる原因はいくつか考えられます。
・書き込み中の抜き差し: ドラレコが録画中にSDカードを抜くと、データが書き込み途中の状態でカードが取り出されてしまいます。これが動画破損の原因となります。
・静電気: SDカードは静電気の影響を受けやすいです。静電気帯電した状態でSDカードを抜き差しすると、データが破損する可能性があります。
・接触不良: SDカードスロットの接触不良も、データ破損の原因となります。
 

動画の復元方法
動画が壊れた場合、以下の方法で復元できる可能性があります。
 

1. 専用の復元ソフトを使う
SDカードのデータ復元専用のソフトを使って、壊れた動画ファイルを復元することができます。
 

2. データ復旧サービスを利用する
自分で復元するのが難しい場合は、専門のデータ復旧サービスを利用する方法もあります。
 

3. ドラレコメーカーに問い合わせる
ドラレコメーカーによっては、データ復旧サービスを提供している場合があります。
 

動画破損を防ぐために
動画破損を防ぐためには、以下の点に注意しましょう。
・録画中にSDカードを抜かない: ドラレコが録画中の場合は、絶対にSDカードを抜かないでください。
・SDカードの抜き差しは丁寧に行う: SDカードの抜き差しは、静電気対策をした上で、丁寧にゆっくりと行いましょう。
・定期的にSDカードのフォーマットを行う: 定期的にSDカードをフォーマットすることで、ファイルシステムのエラーを防ぐことができます。
 

まとめ
ドラレコでSDカードを抜いたら動画が壊れてしまった場合でも、諦めずに復元を試みましょう。
上記の方法で復元できない場合は、専門のデータ復旧サービスを利用するのも一つの方法です。
動画破損を防ぐためには、日頃からSDカードの取り扱いに注意することが大切です。

 

ドラレコを使用する際の注意点

自家用車にドラレコを搭載してれば、あおり運転の被害にあったり、衝突事故を起こした場合でも客観的な証拠動画が残せるのでもしもの時に安心・・
ということで、最近はドラレコを搭載している車が非常に多いようですが、動画データの保持に関してきちんと認識していないと必要な時に必要な録画データが残っていないということになりかねません。
 
過去に録画したドラレコの録画データが上書きでデータ削除されてしまったので復元してほしいというお問い合わせが非常に多いです。
ドラレコの場合、上書きでデータ削除されてしまった過去の録画データはほとんどの場合復元できません。
新しい録画データで上書きされてしまうため、過去の情報はほとんど残りません。
大事なデータを削除されてしまわないように、注意・認識しておくべきことをまとめてみましたので参考にしてください。
 

<ドラレコを使用する際の注意点>
1.録画できる時間をある程度認識しておく。
2.録画されたデータはいずれ必ず消えてしまう。
3.車に予備の記録媒体(SDカードなど)を搭載しておく。記録媒体(SDカード等)の交換時期にも注意!
4.再生機能付きのドラレコでは、だれでもデータ削除できてしまう。
5.ドラレコの削除されたデータを復元できる場合もあります。(SD抜いたらデータ見れなくなった等)

 

1.録画できる時間をある程度認識しておく。
通常、ドラレコは過去に録画した動画データを自動的に古いものからデータ削除していきます。
搭載されているドラレコの記憶容量から、何時間分の運転動画が録画できているのか把握しておくことが大事です。
 
事故やトラブルがあった後も、大抵のドラレコは録画を継続しています。
例えば2時間程度で過去の録画データが削除されてしまうとすると、事故・トラブル発生時から2時間運転すると事故・トラブル時点の動画はデータ削除されてしまうことになります。
事故・トラブル発生場所から自宅に戻るまで、録画可能時間を超えてしまいそうな場合は、SDカードを抜き取るなどデータ保持のための対策を講じる必要があります。

 


2・録画されたデータはいずれ必ず削除されてしまう。
ドラレコに記録された録画情報は、衝撃感知等でロックされていない場合、運転続けていれば必ずいつかは削除されます。
トラブル時の録画データが確認できた場合はそのままにしないで、パソコンなど別の媒体に必ず退避してください。

 


3.車に予備の記録媒体(SDカードなど)を搭載しておく。記録媒体(SDカード等)の交換時期にも注意!
トラブルが発生した場合、衝撃感知などで録画情報にロックがかかって削除されない状態になればいいのですが、軽い衝突やあおり運転などの場合では、録画データにロックがかからない場合あります。
 
ロックがかかっていない録画データはいつかデータ削除されてしまいます。
ロックがかかっているかどうかは確実でない場合は、トラブル発生後に予備の記録媒体(別のSDカード)に切り替えるか、録画を停止して記録媒体(SDカードなど)を抜いてしまうことをお勧めします。
 
あと、ドラレコの記録媒体(SDカード等)には寿命があります。
長時間ドライブする方は、その分、録画する時間も長時間になり、ドラレコの使用頻度が高くなるため、経年劣化で壊れてしまう事も多いです。
 
ドラレコの機種によって異なる可能性がありますが、説明書当に記録媒体(SDカード等)の交換時期が記載されていると思います。
たぶん1年くらいで交換が推奨されていると思います。
 
運転する頻度が高い方は、交換時期よりも早めに、運転頻度が少ない方も交換時期をあまり超えないタイミングで交換するようにしましょう。
 
参考記事:ドラレコのSDカードにも寿命があります。壊れる前兆に関する記事を参考にしてください。
→【参考】SDカード・USBメモリの壊れる前兆とは? ビデオカメラ動画データの復元事例
 


4.再生機能付きのドラレコでは、だれでもデータ削除できてしまう。
何件か、問合せ頂いたのが、他人に貸し出したら車にキズが付いて帰ってきた。
貸し出した人は知らないと言っている。
 
ドラレコを確認したが、キズが付いたと思われる期間の録画データが残っていない。
録画データ復元できないか。
といったお問い合わせでした。
 
もし、他の人に預けた場合に、トラブルがあっても肝心の録画データを削除されてしまったら確認しようがありません。
ドラレコの機能で、パスワードロックなどができるのであればロック掛けておおきましょう。
 
あとは、駐車中のトラブルなどはなかなか問題が起きたことに気が付かないことがあります。
数日たって気が付いたときに、データが残っている可能性を高くするためには記録媒体(SDカードなど)の記録容量はできるだけ多くするのがオススメです。
 
ドラレコは自動で運転中の動画を録画してくれるので大変便利ですが、ドラレコの機能や記録時間についてきちんと押さていなければ後で慌てることになる可能性がありますので十分お気を付けください。
 

5.ドラレコの削除されたデータを復元できる場合もあります。(SD抜いたらデータ見れなくなった等)
ドラレコの記録媒体(SDカードなど)に問題がなく、上書きで消されてしまった録画データはほとんどの場合復元できませんが、SDカードの故障・トラブルによって消えてしまった録画データは復元できる場合あります。
ドラレコは車の中という高温多湿になりがちな環境に長時間さらされることが多く、故障する可能性は低くありません。
 
SDカード自体が壊れていて読み込みができない、「フォーマットしてください」といったエラーが表示される場合は、データ復元できる可能性があります。
録画データを確認しようとSD抜いたらデータが見れなくなったというお客さまもいらっしゃいました。
当店はこういったSDカードの故障に対応しております。
お困りの方は一度お問い合わせください。
 
→【データ復旧・復元 メニュー・価格・時間表】壊れたSDカードやUSBメモリからのデータ復旧・復元 価格など詳細はこちらへ

6.SDカードの抜き方・取り出し方法を確認しておきましょう。
ドラレコからSDカードを取り出す場合、ドラレコの説明書に記載されている方法に従って丁寧に抜き取るようにしてください。
万が一、録画中に取り出してしまうと、SDカードが壊れてしまう可能性があります。
SDカードを抜いたら、録画データが再生できなくなった等のトラブルにつながる可能性が高いです。
 
ドラレコは機種や設定によっては、エンジンを停止した後でも、録画を続けている場合もあります。
走行中しか録画しない場合は、エンジンを切って少したてば、録画が止まりますので、安全にSDカードを抜くことができると思いますが、停止後も録画を続けているとSDカードを抜き出すタイミングは、説明書を読まないとわかりません。
 
ドラレコの機能によって安全に抜き取る方法は異なりますので、いざと言う時に慌てないように事前に抜き取り・取り出し方法を確認しておきましょう。
 
あと、microSDカードは結構小さいので、取り外し時に飛び出してくるようなドラレコの場合、はSDカードを取りこぼしてなくさないように注意しましょう。
 

SDカード抜いた後のドライブレコーダー対応ガイド

ドライブレコーダーのSDカードを抜いた場合、録画データが保存されなくなる可能性があります。また、SDカードを抜いたことで、ドライブレコーダーが正常に動作しないことがあります。このような場合は、まず、電源を切ってからSDカードを再挿入し、再起動することで復旧できることがあります。しかし、ドライブレコーダーの仕様やメーカーによって異なるため、取扱説明書を参照することが重要です。さらに、SDカードの挿入や抜き差しは、車が停止している時に行うことをお勧めします。SDカードの抜き差しを繰り返すことは故障の原因となる可能性があるため、注意が必要です。

 

ドライブレコーダーとは

ドライブレコーダーとは、車載カメラの一種であり、車の運転中に起きた出来事を常に記録する装置です。一般的には前方の道路状況を録画し、緊急時の証拠として利用されます。ドライブレコーダーは最近の車には欠かせない安全装置として広く普及しており、事故やトラブル時の証拠保全に役立ちます。また、運転の記録や風景の記録など、趣味としての用途もあります。

 

SDカード抜き差しによるドライブレコーダーへの影響

SDカードの抜き差しは、ドライブレコーダーの正常な動作に影響を与える可能性があります。例えば、録画データが保存されなくなることや、ドライブレコーダーがフリーズしたり、正常に動作しなくなることがあります。これは、SDカードが正しく挿入されていない場合や、挿入された状態で車両が振動したり落下衝撃を受けた場合に起こりえます。SDカードの抜き差しを行う際には、まず車両を安全な場所に停止させ、エンジンを切った状態で行うことが重要です。また、SDカードを取り扱う際には、指紋やホコリが付着しないように注意し、カードスロットに異物が入らないように注意してください。SDカードの取り扱いには慎重さが求められるため、安易に抜き差しを行わず、マニュアルに従った操作を心がけましょう。

 

SDカードを抜いた時のデータ保護

SDカードを抜いた時のデータ保護について

SDカードを抜いた場合、ドライブレコーダーが正常に動作しなくなる可能性があります。また、録画データが保存されなくなるというリスクもあります。そこで、SDカードを抜く前にまずはドライブレコーダーの電源をOFFにしましょう。次に、車が安全な場所に停車していることを確認し、エンジンを切ります。

そして、ドキュメント類のようにSDカードを無理やり引き抜くことは避けるべきです。SDカードスロットから優しく取り外すことを心がけましょう。SDカードを無理に抜いたり挿入したりすることで、SDカードやスロット自体が損傷を受ける恐れがあります。

また、SDカード自体のデータも大切です。万が一SDカードを抜いてしまった場合は、コンピューターなどでSDカードを確認し、データのバックアップを取っておくことが重要です。SDカード内の録画データは証拠となることがあるため、データ保護には十分な注意が必要です。

 

ドライブ中のSDカードの安全な抜き方

ドライブ中にSDカードを安全に取り外すには、まず車を安全な場所に停車させます。次にエンジンを切り、ブレーキをかけてから作業を行います。ドライブレコーダー本体が過度に揺れたり動いたりすると、データの読み書きエラーやドライブレコーダー本体の故障の原因となる可能性があるため、制御ボックスや本体が固定されていることを確認します。ドライブレコーダー本体にあるSDカードスロットにアクセスします。一般的には、蓋を開けてからSDカードをゆっくりと押し込んでから放します。SDカードがスプリングで飛び出す仕組みになっている場合は、カードを挿入するときにしっかりとスロットに入っていることを確認しましょう。SDカードを取り出す際も、ゆっくりと引き抜き、力を入れないよう注意します。SDカードが壊れないよう、優しく取り扱うことが大切です。作業が完了したら、SDカードの抜き差しを行ったことを確認した上で、エンジンをかけ直し、安全な状態になったことを確認してから再出発しましょう。

 

SDカード無しでドライブレコーダーは使えるのか

ドライブレコーダーの一部機種では、SDカードがなくても一部の機能を利用することができます。たとえば、基本的な録画機能や衝撃を感知しての自動録画、前後の映像の同時録画などは、SDカードがなくても作動します。しかし、録画データを保存するためには、やはりSDカードが必要です。SDカードがない状態でドライブレコーダーを使用した場合、録画された動画は一時的に内部メモリーに保存されますが、保存できる容量は限られています。したがって、定期的にSDカードにデータを保存する必要があります。さらに、SDカード無しで使用する場合は、ドライブレコーダーの動作にも影響が出る可能性があります。確実な録画や正常な動作を期待するのであれば、常に適切なSDカードを挿入することが重要です。

 

事故発生時のドライブレコーダーの役割

事故発生時のドライブレコーダーの役割について

ドライブレコーダーは事故発生時には重要な証拠となります。事故が発生した際には、ドライブレコーダーが録画した映像や音声が、事故の状況を客観的に記録してくれます。これにより、当事者間や保険会社、警察などの調査に役立ちます。

また、ドライブレコーダーが搭載しているGセンサーによって、衝突や急停止などの異常な挙動を検知することができます。これにより、事故の衝撃が検知されると、自動的にその時点から数分間の映像やデータを保護して上書きされないように保持する機能があります。

さらに、一部のドライブレコーダーにはGPS機能が搭載されており、事故発生時の走行速度や位置情報を記録することができます。これにより、事故の原因や状況をより詳細に把握することができます。

事故発生時には、ドライブレコーダーが正常に機能しているかどうかを定期的に確認することが重要です。そして、必要な場合に備えて録画データの保護や保存方法について事前に理解しておくことが大切です。

 

SDカード抜き忘れを防ぐ方法

ドライブレコーダーを使用する上で、SDカードを抜き忘れることは避けたい問題です。SDカードを抜き忘れると録画データが保存されない可能性があります。また、再挿入する際に挿し方を誤るとSDカードや本体にダメージを与える恐れもあります。そこで、SDカード抜き忘れを防ぐためには、以下のような対策があります。

まず、車を駐車する際には、ドライブレコーダーの電源が切れていることを確認しましょう。電源が入った状態でSDカードを抜くと、データが破損する可能性があります。次に、SDカードを抜く際には、本体の取扱説明書を参照して適切な方法で行うように心がけましょう。一般的には、ドライブレコーダー本体の電源を切り、SDカードを慎重に取り外すことが望ましいです。

さらに、抜き忘れを防ぐためには、SDカードの抜き差しを繰り返さないことも重要です。SDカードを頻繁に抜き差しすることで、接触部に異物が入り込んだり、接触が悪くなる可能性があります。したがって、SDカードを抜き差しする際には慎重に行い、抜き忘れの防止に努めましょう。

 

適切なSDカードの選び方と管理方法

適切なSDカードを選ぶためには、ドライブレコーダーの仕様に適したものを選ぶことが重要です。速度クラスや容量、耐久性などを考慮しましょう。また、定期的なフォーマットやデータのバックアップも大切です。SDカードの交換や故障を避けるため、適切な管理が必要です。複数のSDカードを交互に使用し、使用頻度が高いものから低いものに入れ替えると長期間利用できます。SDカードは直射日光や高温多湿を避け、専用のケースで保管しましょう。

 

録画データのバックアップと保存法

ドライブレコーダーで録画したデータは定期的にバックアップしておくことが重要です。車両の事故やイベントが発生した際に、録画データを保存しておくことで証拠として活用できます。録画データをバックアップする方法としては、以下の手順が一般的です。

まず、録画データを定期的にパソコンや外付けHDDなどの別の保存媒体に保存しておきましょう。車両内のSDカードに録画データを長期間保存していると、データが上書きされる恐れがあります。次に、クラウドストレージを活用する方法もあります。クラウドストレージにデータを保存することで、万が一車両やSDカードが紛失・盗難などの被害に遭った場合でもデータを安全に保管できます。

また、録画データの保存にあたっては、個人情報保護法などの法令や倫理に配慮することも重要です。他者のプライバシーや肖像権を侵害しないよう、注意深く扱うようにしましょう。

以上の方法を活用することで、録画データを適切にバックアップし、必要な際に確実に活用することができます。

 

まとめ

ドライブレコーダーのSDカードを抜いた場合、正常に動作しなくなったり、録画データが保存されなくなる可能性があります。SDカードを抜いた後に問題が発生したら、まずは電源を切ってから、SDカードを再挿入し、再起動してみてください。多くの場合、これで問題が解消されます。ただし、ドライブレコーダーの仕様やメーカーによって異なるため、取扱説明書を確認しましょう。

また、SDカードの取り外しは車が停止している時に行うようにしましょう。急いでいる時や走行中に取り外すと、故障の原因になる可能性があります。SDカードの取り外しを繰り返すことは避け、慎重に扱いましょう。ドライブレコーダーの正常な動作と録画データの保存のために、SDカードの取り扱いには注意が必要です。

 

ドラレコの選び方

ドライブレコーダー(以下、ドラレコ)は、車の運転中に起こった事故の状況を記録するためのカメラです。ドラレコは、事故の加害者や被害者を特定したり、事故の原因を解明したりするのに役立ちます。
ドラレコは、車の運転を安全に行うための有効な手段です。上記の注意点を守ることで、ドラレコをより効果的に活用することができます。
 

ドラレコには、さまざまな種類があります。ドラレコを選ぶ際には、以下の点に注意してください。
・画質
・画角
・録画時間
・電源
・価格
画質は、ドラレコを選ぶ際に最も重要なポイントです。画質が悪いと、事故の状況を正確に記録することができません。画角は、ドラレコの設置場所によって異なります。車の前方だけを記録したい場合は、画角が狭いドラレコを選ぶとよいでしょう。車の前方と後方、左右を記録したい場合は、画角が広いドラレコを選ぶとよいでしょう。録画時間は、ドラレコの容量によって異なります。容量が大きいドラレコは、長時間の録画をすることができます。電源は、ドラレコの種類によって異なります。シガーソケットから電源を供給するドラレコと、バッテリーで動作するドラレコがあります。価格は、ドラレコの機能や性能によって異なります。安いドラレコでも、基本的な機能は備わっています。しかし、高価なドラレコには、より多くの機能や性能が備わっています。
 

ドラレコの設置場所
ドラレコは、車の前方、後方、左右に設置することができます。ドラレコの設置場所は、車の種類や用途によって異なります。車の前方だけを記録したい場合は、フロントガラスにドラレコを設置するとよいでしょう。車の前方と後方、左右を記録したい場合は、リアガラスとサイドミラーにドラレコを設置するとよいでしょう。
 

ドラレコの映像の確認
ドラレコの映像は、定期的に確認しておきましょう。ドラレコの映像を確認することで、事故の状況を把握したり、事故の原因を解明したりすることができます。また、ドラレコの映像は、保険会社に提出する際にも役立ちます。
 

ドラレコの映像の他人への閲覧
ドラレコの映像は、他人に見られないように配慮しましょう。ドラレコの映像には、個人情報やプライバシーが含まれている場合があります。ドラレコの映像を他人に見られると、プライバシーの侵害につながる可能性があります。

 

お問い合わせ先(ドラレコの上書き・削除された動画データ復元・SD抜いたらデータが見れなくなった等について)

ドラレコの上書き・削除された動画データ復元・SD抜いたらデータが見れなくなった等について電話でのお問い合わせは
(06-6170-9383)まで。
※営業時間をご確認の上お問い合わせお願いします。つながらない場合は時間を空けて再度ご連絡いただけると幸いです。
 
営業時間は
 月曜日・火曜日 11:00~20:00
 水曜日 定休日
 木~日曜日 10:00~16:00
となります。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。
 
営業時間外はメールにてお問合せ頂けると確実です。
→メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。
 



当店では、
iPhone修理(画面ワレ交換やバッテリー交換)、
→バッテリー交換、液晶交換など iPhone修理に関する詳細・料金等はこちらへ

壊れたメディア・記憶機器(SDカード、CFカード、メモリスティック、USBメモリ、ハードディスク)の格安データ復旧・復元、
→壊れたSDカードやUSBメモリからのデータ復旧・復元など データ復旧・復元に関する詳細・料金等はこちらへ

iPodClassicの修理(イヤホン修理、バッテリー交換、HDD交換等)、
→バッテリー交換、イヤホンジャック修理、HDD大容量化など iPod Classic修理に関する詳細・料金等はこちらへ

ゲーム機(3DS・PSVita等)の修理、
→3DS、任天堂スイッチ、PSVita、WiiUなど ゲーム機修理に関する詳細・料金等はこちらへ

も行っております。
大阪・京都・神戸・尼崎・滋賀・堺・奈良・三重・西宮・和歌山など近畿一円および遠方(東京・山形・名古屋・栃木・石川・岡山・大分・宮崎・愛知・鹿児島・神奈川・熊本・福井・岐阜・大分・徳島・沖縄・佐賀等)から修理のお問合せも多いです。
お困りの方はぜひお問合せ下さい。


古書・古本の出張買取なら大阪・吹田のサポートモバイル/森川古書店へ
本・コミック・CD・DVDなど高価買取ります。
→古本・古書・ゲームソフト・CD/DVDなど 古本の高価買取に関する詳細はこちらへ